理論弓道

「自分で考えなさい」と言われると、余計射の技術が下がってしまう

 

弓道の適切な勉強法、稽古法
あなたの射を上達するための指導者の選択の仕方

 

面倒くさいことをほおっておいたらいつまでも弓道は上手くならない

 

上達のために、最初に「手の内」の勉強をしてはいけない

 

射の技術向上に必要な手の内の本質とは

 

年齢にとらわれず、長く弓を引き続けるには

 

古くの弓の考え方を大切にする
本の文章の「虚偽」を見極めなければ、射の技術向上はない

 

「昇段」より重要なあなたが弓を引くときに外せない要素

 

あなたの稽古で行うべきことを明らかにする方法

 

打ち起こしが低いとあらゆる身体のねじれが生じる

 

あなたにとって適した手の内の選択法と注意点

 

本質を大切にする
年齢を重ねても身体に負担なく弓を引き続けるには

 

弓道の全ての悩みを解消するたった一つの方法

 

「自分で考えなさい」と言うと、余計に射の技術の低下を招く

 

真面目な人ほど弓道に向いている理由

 

批判やダメ出しする人は弓道をうまくなれない
 
弓道で「段」を取るほど教える技術がなくなる理由

弓道の実力をさらに高めていくには
離れにおける微妙な拳のブレを抑える体使い

 

弓道の技術上達につながる「仲間」の作り方

 

手の内で「何をしなければいけないか」を明らかにする考え方

//

お客様からの声

無料メールマガジン:理論弓道

Facebookもチェック
var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; if (d.getElementById(id)) return; js = d.createElement(s); js.id = id; js.src = "//connect.facebook.net/ja_JP/sdk.js#xfbml=1&version=v2.0"; fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs); }(document, 'script', 'facebook-jssdk'));

セミナー開催:理論弓道


HOME メルマガ登録 当サイトについて 動画解説 お問い合わせ