理論弓道

会の時に押手が上がるのを防ぐ方法:10〜20本引いて上がる場合

質問者 高校生
会のときに押手が上がってきてしまいます。会になると左肩も上がっている状態です。これは無理やり落とせばよいのでしょうか。

 

 10〜20本引いた後に左肩が上がる場合は弓の押し方に原因がある
次に、10〜20本程度引いた後に左肩が上がる場合です。この場合は「立っている姿勢」には
問題ありませんが、別の部分で問題が出ています。

 

それは、「弓の押し方」です。

 

大三をとって引き分けで押していくとき、最初弓をどの方向に押していますか?このときに、問題が出やすいのが「引き分けのはじめを的方向にまっすぐ押すこと」です。

 

大三をとるとき、左腕はななめ上に向いていますよね。引き分けに入ると、左腕はななめ上から下に下がって直線に向いてきますよね。

 

左腕がななめ上に向いた状態って、左拳はどの方向に押すと一番力が働くのか?それは、左腕の向きと同じ「ななめ上」です。

 

しかし、引き分けでいきなり的方向に押す場合は、左拳はななめ上ではなく、的方向に押すわけですから、直線に押しますよね。

 

 このように左腕がななめ上に向いた状態で左拳を真っ直ぐ押そうとすると、どうしても左拳に捻られる力が入りやすくなります。左こぶしを握りながら左肩を触ってみてください。左肩も一緒に動きませんか?

 

このように左こぶしを握りすぎると左肩が一緒に力みます。そして、上がりやすくなります。ここで、引き分けの押し始めでいきなり左拳を真っ直ぐ押そうとすると、左拳が少しひねられます。そして、弓を握ってしまい、力が入ってしまいます。

 

 そのため、解決方法は少し大三を小さくして、引き分けで左拳を的方向ではなく、最初足踏み方向(60度方向)に押してから徐々に的方向に押すようにしましょう。

 

最初が直線ではなく、ななめから押して徐々に的方向に押していくと左拳がいきなりひねられることはありません。すると、負担なく押すことができます。

 

ことばだけではわかりにくいので今私がお話しした内容がのっているページを紹介します。

 

http://riron-kyudo.upper.jp/category50/category295/ 

 

このページの下部の画像に左拳の押す方向が書かれている画像があります。この画像の中の斜めの方向に書いてある矢印があります。この方向に押すように意識して稽古してみましょう。

 

左肩の負担はこれで抑えられると思います。

//

お客様からの声

無料メールマガジン:理論弓道

Facebookもチェック
var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; if (d.getElementById(id)) return; js = d.createElement(s); js.id = id; js.src = "//connect.facebook.net/ja_JP/sdk.js#xfbml=1&version=v2.0"; fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs); }(document, 'script', 'facebook-jssdk'));

書籍案内

 

関連ページ

馬手離れで困っている場合の二つの解決策
初心者に役立つ、射法八節の詳し解説、稽古の情報。経験者、上級者、上達したい人向けの役立つ射法八節の理論、かつての弓術書の有用な弓の専門的情報をわかりやすく、提供していきます。
「弓手で離れを誘う」の言葉の意味を正確に理解する
初心者に役立つ、射法八節の詳し解説、稽古の情報。経験者、上級者、上達したい人向けの役立つ射法八節の理論、かつての弓術書の有用な弓の専門的情報をわかりやすく、提供していきます。
引き分けで弓手が上下にしか動かない場合の解決法:右肘
初心者に役立つ、射法八節の詳し解説、稽古の情報。経験者、上級者、上達したい人向けの役立つ射法八節の理論、かつての弓術書の有用な弓の専門的情報をわかりやすく、提供していきます。
引き分けで弓手が上下にしか動かない場合の解決法:足踏み
初心者に役立つ、射法八節の詳し解説、稽古の情報。経験者、上級者、上達したい人向けの役立つ射法八節の理論、かつての弓術書の有用な弓の専門的情報をわかりやすく、提供していきます。
右肘が収まりきらないときの究極の解決案:右肘はマインドで押し続ける
初心者に役立つ、射法八節の詳し解説、稽古の情報。経験者、上級者、上達したい人向けの役立つ射法八節の理論、かつての弓術書の有用な弓の専門的情報をわかりやすく、提供していきます。
引き分けで右肘を適切な位置に収めるトレーニング法:前鋸筋を鍛える
初心者に役立つ、射法八節の詳し解説、稽古の情報。経験者、上級者、上達したい人向けの役立つ射法八節の理論、かつての弓術書の有用な弓の専門的情報をわかりやすく、提供していきます。
弓返りで270度に収める方法:弓の握りを軽くしよう
初心者に役立つ、射法八節の詳し解説、稽古の情報。経験者、上級者、上達したい人向けの役立つ射法八節の理論、かつての弓術書の有用な弓の専門的情報をわかりやすく、提供していきます。
懸け溝部で注意したいこととゆがけを長持ちさせる方法
初心者に役立つ、射法八節の詳し解説、稽古の情報。経験者、上級者、上達したい人向けの役立つ射法八節の理論、かつての弓術書の有用な弓の専門的情報をわかりやすく、提供していきます。
会の時に押手が上がるのを防ぐ方法
初心者に役立つ、射法八節の詳し解説、稽古の情報。経験者、上級者、上達したい人向けの役立つ射法八節の理論、かつての弓術書の有用な弓の専門的情報をわかりやすく、提供していきます。
会の時に押手が上がるのを防ぐ方法:最初から上がる場合
初心者に役立つ、射法八節の詳し解説、稽古の情報。経験者、上級者、上達したい人向けの役立つ射法八節の理論、かつての弓術書の有用な弓の専門的情報をわかりやすく、提供していきます。
大会前に陥りやすい弓道において効率の悪い稽古方法
初心者に役立つ、射法八節の詳し解説、稽古の情報。経験者、上級者、上達したい人向けの役立つ射法八節の理論、かつての弓術書の有用な弓の専門的情報をわかりやすく、提供していきます。
大会前で心を落ち着ける呼吸方法と気持ちの持ち方
初心者に役立つ、射法八節の詳し解説、稽古の情報。経験者、上級者、上達したい人向けの役立つ射法八節の理論、かつての弓術書の有用な弓の専門的情報をわかりやすく、提供していきます。
会において理想的な右拳の位置を理解する
初心者に役立つ、射法八節の詳し解説、稽古の情報。経験者、上級者、上達したい人向けの役立つ射法八節の理論、かつての弓術書の有用な弓の専門的情報をわかりやすく、提供していきます。
大三で勝手が近くなってしまったときの打ち起こしと弓構えの直し方
初心者に役立つ、射法八節の詳し解説、稽古の情報。経験者、上級者、上達したい人向けの役立つ射法八節の理論、かつての弓術書の有用な弓の専門的情報をわかりやすく、提供していきます。
射において引きすぎていて、手首が曲がっているときの解決方法
初心者に役立つ、射法八節の詳し解説、稽古の情報。経験者、上級者、上達したい人向けの役立つ射法八節の理論、かつての弓術書の有用な弓の専門的情報をわかりやすく、提供していきます。
胴づくりで「首を伸ばして、両肩を落とす」作業を理解する方法
初心者に役立つ、射法八節の詳し解説、稽古の情報。経験者、上級者、上達したい人向けの役立つ射法八節の理論、かつての弓術書の有用な弓の専門的情報をわかりやすく、提供していきます。
手の内での、「人差し指と親指の間」「天文筋」の意味を正確に理解する
初心者に役立つ、射法八節の詳し解説、稽古の情報。経験者、上級者、上達したい人向けの役立つ射法八節の理論、かつての弓術書の有用な弓の専門的情報をわかりやすく、提供していきます。
弓構えでの左拳の向きを理解し、スムーズな大三につなげる
初心者に役立つ、射法八節の詳し解説、稽古の情報。経験者、上級者、上達したい人向けの役立つ射法八節の理論、かつての弓術書の有用な弓の専門的情報をわかりやすく、提供していきます。
自分の思い通りにいかなかったときに役立つ射の考え方:シンプルにとらえる
初心者に役立つ、射法八節の詳し解説、稽古の情報。経験者、上級者、上達したい人向けの役立つ射法八節の理論、かつての弓術書の有用な弓の専門的情報をわかりやすく、提供していきます。
射をシンプルにとらえることで起こるデメリットを正確に理解する
初心者に役立つ、射法八節の詳し解説、稽古の情報。経験者、上級者、上達したい人向けの役立つ射法八節の理論、かつての弓術書の有用な弓の専門的情報をわかりやすく、提供していきます。

HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ