弓構えで肩の位置が揃うと上半身が力みやすくなる

弓構えでは弓を握り(手の内)弦をひっかけて(取り懸け)自分の体の前面に構えます。そのときの両肩の位置が悪いと、次の引き分けに影響を与える可能性があります。

 

ここでは、弓構えでの両肩の位置によって起こる引き分けへの影響とその解決策を解説していきます。

 

 弓構えで肩がそろっていると、引き分けで両肩の位置が崩れる
例えば、両肩の線が上から見て一直線に揃っている人がいます。この姿勢を取っている人は次の引き分けで失を犯す可能性があります。

 

それは、引き分けで胸周りが緊張してしまうことです。

 

引き分けで、両肩が揃っていると、腕の裏側の筋肉の張りがにぶります。そのため、最初の引き初めで、弓の荷重が胸にかかりやすくなります。すると、右肘が後方に回り込むように引きこむことができないため、離れが弱くなってしまいます。

 

 

 

 両肩は少し斜め前に出すのが理想
弓構えでは肩の位置は「少しななめ前に出ている」位置が理想的です。解剖学的にはこの状態を「肩甲骨が外方している」と言います。

 

 
 
肩の位置がななめ前の位置に来ていると、肩甲骨が体の前方動くため、脇周りの筋肉が働きます。この筋肉を弓構えで働かせおくと、引き分けで主導となって働きやすくなります。すると、肩が後ろに引けにくくなり、右肘が後ろに回しやすくなります。よって、両肩が引き分けでしっかり入り、体全体で押し開く形になります。

 

この引き分けになると、引きが小さくなり、ねらい目もずれやすく、早気、たぐり、あらゆる射癖にかかる引き方になります。そのため、肩をななめ前方に出すようにします。腕だけでとるのではなく、肩周りまで円でつながるように円相をとります。

//

講習会でのお客様の声

お客様の声

メルマガ登録

稽古会案内

書籍案内


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ