明日からできる簡単クセ矯正術〜前離れ、ゆるみ離れ編〜

癖の直す方法は「原因を何かを追求し、その原因を直すためにはどういう姿勢をとればいいか、引き方を意識すれば良いのか?」ということを自分で考え、考えた上で稽古をすると、クセを直すことができ、再発も防ぐことができます。

 

しかし、弓道を稽古するうえで、自分の今出ているクセをどういう風に直せば良いのかを考えるのはとても難しく、なかなかそういう風に理論的に考えるのが億劫なこともあります。

 

また、そういう風に理論的に引き方を考えると、その「意識しすぎ」が変な引き方を起こし、クセが直らないということもあります。

 

そこで、理論的に考えずに、「簡単に、明日からできて、すぐにできる」射癖の矯正法というのがあります。それは、無理やり体に正しい形を覚えこませ、それで引くことです。

 

そして、無理やり体に正しい形を覚えこませる方法が「道具」を使うことです。

 

例えば、引き分けで手首がたぐってしまう人は頭で理論的にこれこれこうだからたぐってしまうとわかっていたとしてもじゃあどうすればその原因を解消できるのかわからなかったとします。

 

そうしたら、もうその考えるのをやめて、引き分けで手首でたぐらないように道具で右手を固定するようにします。そうすると、意やでもたぐらなくなり、正しい形で引くことができます。

 

このように射癖を原因を考え、姿勢や引き方を変えるのではなく、無理やりその正しい形になるように道具を使い、矯正するのです。

 

この矯正法は、やり方が簡単で頭を使わなくて良い。すぐに始められて、癖の解決につながる利点があります。

 

下に射癖に対する道具の使い方、矯正法を紹介していきます。

 

・前離れになる人は「ゴムチューブ」を甲に当てる、肘にはさむ
前離れになる人、拳が前に出る人は「ゴムチューブ」を会のとき、右手の甲の近くにあてることで矯正させます。

 

こうして、ゴムチューブを持っている人は引いている人にこのゴムチューブが当たらないようにと呼びかけます。そして、引く人はこのチューブが当たらないように注意しながら拳を出します。

 

そうすると、前離れの軌道ではなく、拳が矢筋に通るようになります。

 

 

このとき、射手がどうしても前に離れてゴムバンドに当たってしまう場合、そのとき持っている人は射手に向かって「肘を後方に引きぬくように」と言ってみてください。そうすると、射手は拳ではなく、肘を使おうと意識します。

 

これで、肘を後ろに抜くように離れができれば前離れは解決です。

 

・ゴムチューブを使った前離れの克服法の応用型
しかし、それでも肘を後ろに引きぬくことができない人も中にはいます。そういう場合にこのゴムチューブの使い方の応用があります。

 

それは、ゴムチューブを射手の右肘にはさんで、引き分け、会に入ったら、ゴムチューブ持っている人が後方に引っ張ってあげるのです。

 

こうすると、いやでも拳を使っても肘が自然と動きます。離れるときも肘を引っ張るようゴムチューブを引っ張ってください。

 

 

これを何回もやっていると、離れの軌道が変わってきます。そうすることで癖は矯正されます。

 

このゴムチューブ引っ張り矯正法は「ゆるみ離れ」も直すことができます。離れがゆるんでいる人もこのゴムチューブで引っ張って、軌道を変えてあげます。

//

講習会でのお客様の声

お客様の声

メルマガ登録

稽古会案内

書籍案内


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ