はばたく離れ、すくい離れの直し方

離れで以下のような射癖があります。
 
はばたく離れ
すくい離れ

 

はばたく離れとは、拳が後ろに行きすぎる離れです。鳥がはばたくように拳を大きく開きすぎる離れです。すくい離れとは、拳を下に切るように離れることです。これは、狙い目が上に行きやすいです。

 

ここでは、はばたく離れ、すくい離れに関して克服方法を解説していきます。

 

 はばたく離れの克服法
はばたく離れは肘の位置が肩と揃っていて、なお、肘を裏的方向に押しているとなりやすいです。

 

 拳:だいたい口ビルの高さと同じくらい
 肘:脇正面から見て右肘と右肩が揃っている
 押す方向ななめ45°方向に押す

 

右肘と右肩がそろっていて、なおかつ左右に会で押しあえているときにこの離れになりやすいです。対策方法はもう少しだけ肘を肩より後方に引きつけることです。

 

しかし、この離れでも人によっては「大きく開いて勢いが良い」と解釈する人もいます。これは日本弓道連盟での教えの「大離れ」に見えるからです。なので、この離れを直さない方が逆に良い場合に働くことがあります。

 

他にこの離れの悪く思われないところは「ゆるまない」ことです。肘がちゃんと押せていれば、離れの勢いが出ます。それが両拳がはばたくくらいに動くことにつながります。

 

この離れを直そうとして、離れが弛んでしまったりしたら、逆にやめておいた方がよいです。ゆるむくらいなら拳が後ろに行きすぎてもしばらくその射で稽古を続けることが賢明です。

 

しかし、この離れを続けていると肘が痛くなるときがあります。私はこのはばたく離れが最初ひどかったのですが、少しずつ改善されてきたため、あまり気にしていなかったらある日肘が痛くなりました。

 

それ以降は肘の向きをなるべく横向きになるように引き分けを意識しています。みなさんも何か違和感を感じ始めたら肘の向きをどう収めると良いのかを考えてみましょう。
 
 すくい離れ克服法
すくい離れは肘のおさまる位置は理想の位置に来ているのですが、そこから離れを手先で下に切ろうとすると拳が下に向きます。

 

この離れの解決方法は、引き分けで引きつけて体に寄せるようなおさまりではなく、ずっと肘を真横に推し続け、矢が目通りをすぎたら下げないようにしましょう。そうして、肘の押す方向が下向きではなく、真横に向いたら離れは真っすぐになります。

 

この離れも同じく離れの軌道を直そうと何か別のことをやると離れがゆるんできてしまいます。「すくい離れ」は肘のおさまりは良い方におさまっていることが多いです。

 

もし、直すのであれば、新しいことをするのではなく、押す方向を少し自分の中で意識を変えることで、直っていくと思います。

//

お客様からの声

無料メールマガジン:理論弓道

Facebookもチェック
var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; if (d.getElementById(id)) return; js = d.createElement(s); js.id = id; js.src = "//connect.facebook.net/ja_JP/sdk.js#xfbml=1&version=v2.0"; fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs); }(document, 'script', 'facebook-jssdk'));

書籍案内

 


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ