引き分けでの「頬付」「右肘の不正」「両肩のズレ」の直し方

大三、引き分けの射癖は、一番目立ちやすく、そこの部分だけを直すことは非常に難しいです。そのため、特に勉強して、稽古に取り入れる必要があります。

 

その中には、「頬付胸弦がなかなかつかない」「右肘が収まらない」「左肩、右肩が抜ける」などがあります。ここでは、引き分けでよく出る射癖の原因と対策方法を解説していきます。

 

 頬付胸弦は引きを大きくすることでつけられる
引き分けをしていて、頬付胸弦がなかなかつかない人がいます。こういう人は会で腕がプルプルして、ねらい目がなかなか定まらないことが多いです。

 

この場合、引き分けを大きくしようと努力しましょう。頬付は最初つかなくても、問題ありません。まず、胴づくりで首を伸ばして肩根の無駄な力を抜くことを胴づくりでおこないます。そして、取り懸けをいつもより、深めにとりかけ、打ち起こしを高く高くさせます。自分の左肘が的につくぐらい上げてください。

 

そして、大三をとって引き分けの入り始めから、どんどん右肘を後ろに押していく気持ちで少し早めに引くようにしましょう。今より、大きく引けて来たら、頬付はつきます。

 

引き分けが小さいのに、頬付を無理やりつけようとすると上体が前方に出て、胴づくりが崩れます。特に「頬付胸弦」は指導者がつけさせようと注意されやすい部分なので、注意が必要です。

 

優先順位は大三で体に少し近づける事、大きく引いていくこと、そして結果的に頬付がつくと理解することです。この順番を間違えて頬付をつけようとすると、かえって射の構造が壊れます。
 
 右肘がおさまらない人は少し、右肘を後方に引きつけることを大切にする。
右肘が自分の体より後方に入っていないと右肘がうまく収まりません。会で安定し、矢勢の強い離れを出すための「持満」の状態を作るには自分の右肘が肩より拳一個背中側に入れることが大切です。

 

 

そして、この右肘が後方に収まるように引き分ける方法としては、取り懸けと引き分けです。

 

まず、取り懸けを深めに取り懸けます。そして、大三から引き分けに移るときに親指が弦に引かれて中指と人差し指が伸びやすくなります。ここで伸びてしまうと、手首に圧力がかかりやすくなるため、右肘が後方までいきません。

 

そのため、取り懸けをするときは、中指は取り懸けた状態から親指を握らないようにすることと、曲げた構造から伸びないように、形を固める意識を持つことが大切です。

 

さらに、引き分けでは、大三の入り始めが大切です。ここで、真横に押しましょう。もしも、ここで、真横に押せなかったら、右肘は下に落ちる一方になります。すると、下向きの状態で矢がほほについてしまいます。

 

引き分けでは弦が体の中に徐々に入っていくので、引き分け最初の右肘はただただ真横に押すようにしてください。

 

この、肩が前に出ているか出ていない方右肘の収まり方がとてつもなく変わります。引き分けのときから、この少し前に出した肩をそのまま出したままにしておくと右肘がななめに向きやすく、収まりやすくなります。

 

 左肩が抜ける人は「円相」での肩と打ち起こしがカギとなる
最後にどちらかの肩が抜けるというクセです。つまり、右肩が引けているか、左肩が引けている人のことを言います。

 

両肩ともに言えることですが、両肩は弓構えの円相をとるときに少し前方に出すようにするようにすると良いでしょう。胴づくりで首を伸ばし、肩根が落ちると自然と胸が落ち、これが両肩が前方に張り出しやすくなる姿勢を作ります。
 

そして、この状態で打ち起こしをするのですが、このときの打ち起こしをなるべく高く、そして、両肩がさらに前にでるようにしてください。ここで、もし前に出せないのであれば、弓と体の間を空けてもよいので、拳を前方に出して、肩を前に出します。
 

さらに胴づくりで少し胴を屈む気持ちで、気持ち足の拇指球根この重心、体重を大めにかけます。その状態で首を伸ばし胸を張り、両肩を前方に出します。

 

この状態で引き分けで押し開いていく最中、ずっとこの姿勢が変わらないようにし、引き分けていきます。両肩を抜けるのをなくすために、両肩を前方に出す構えにし、後ろに逃げないようにすることが大切です。

 

引き分けのときに右だけで引こうとすると、右肩が引き肩になりやすく、右で引こうとして体に引き寄せるような引き分けをすると左肩は抜けることがあります。

 

そして、左肩が抜ける人、抜けやすい人は少し左足だけ足踏みの角度を広めにとると押しやすくなります。これは、左足だけにかぎっては少し広くしても問題ありません。

 

肩が抜けるというのは、肩が後ろに逃げるということです。後ろにいかないように最初から前にかけて、前に入れた肩を逃がさないようにします。

//

お客様からの声

無料メールマガジン:理論弓道

Facebookもチェック
var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; if (d.getElementById(id)) return; js = d.createElement(s); js.id = id; js.src = "//connect.facebook.net/ja_JP/sdk.js#xfbml=1&version=v2.0"; fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs); }(document, 'script', 'facebook-jssdk'));

書籍案内

 


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ