大三での「手首の曲がり」「ひき肩」「鳥打ち」の直し方

弓道の八節の中で「大三」は手首や両肩にあらゆる病癖を伴います。この不正を直さないと、矢は的に当たりません。

 

多くの人は、大三に来たときに、出てきた射癖を直そうとします。しかし、その段階で直すのは、とても難しく、たとえ直したとしても再発する可能性があります。

 

ここでは、「大三」のよくかかる射癖の直し方について解説していきます。

 

大三でよくかかる射癖と直すときの考え方
例えば、大三で良く出る射癖は以下のようになります。
 
@手首に力が入る
A両肩がずれる
B矢が水平にならない(矢先が上がった鳥打ちの形になる)

 

この三つの射癖はいずれも大三に入ってから直そうとしても難しいです。そのため、考え方を変えてみましょう。

 

「大三」の射癖を直すために、その前の「弓構え」「打ち起こし」の動作を直すように考えます。

 

手首に力が入る人は、取り懸け、手の内を変えてみる。
大三で手首が力んでしまうのを恐れて、大三を恐る恐るゆっくりとろうとしている人がいます。こうすると、動きによけいな意識が行ってしまうため、引き分けが小さくなったり、引く動作がやりずらくなったりします。

 

そこで、「大三」の直すための考え方を変えましょう。大三の手首を直すために、前の動作の手首の状態を修正します。

 

大三で手首が曲がってしまう原因は「手首をひねる」か「指先に力が入る」の二つが考えられます。そして、大三の前の動作で「弓構え」で弓を握ったときの手首の位置が決まります。そのため、両拳の手首に無理のなく、指先に力が入らない「弓構え」を考えれば、手首の曲がりを直すことができます。

 

具体的には、右手首が曲がってしまう原因は「取り懸けで指先に力が入る」か、「手首が曲がりやすい取り懸けをしている」からです。

 

この二つの問題を解決するために、取り懸けでは、指を深めに取り懸けて、「小指」「薬指」を握りましょう。深く取り懸けることで、指先に力がこもりにくくなります。「小指」「薬指」を握ることで、手首が伸びやすく曲げにくい構造となるため、右手首の曲がりを抑えることができます。

 

左手首に力が入ってしまうのは、的方向に押すときに左手首でひねってしまうからです。そのため、弓構えでの「手の内」を変えることで、大三の最初の押し動作がやりやすくなります。

 

そのため、手の内は軽く握って少し拳を丸くするようにしましょう。こうすることで、弓と掌の接触面積が少なくなるため、力みをとることができます。

 

大三での肩の位置は弓構えで直す
大三で肩がずれてしまうのは、前の動作で肩の位置に問題があると考えられます。そのため、前の動作を改善することで、両肩のズレを直すことができます。

 

打ち起こしでは、肩の位置を動かすのは困難なため、弓構えでの肩の位置を修正します。具体的には弓構えで円相をとるとき、両肩をななめ前に出すようにして、「肩」「肘」「手首」で丸い円を取るようにしましょう。

 

弓構えの段階で両肩が一直線にそろっていると、大三の押し動作のときに必要な腕の裏側の筋肉や脇周りの筋肉が働きません。すると、左右に開くときに差が出てしまい、両肩がずれます。

 

解決策は肩甲骨を外側に出すようにしましょう。胴づくりの姿勢を取るときに肩を落とし、胸を落とすます。こうすることで両肩が前方に出やすくなり、腕の裏側と脇周りの筋肉が張ります。その結果、両肩のズレを防ぐことができます。

 

鳥打ちは打ち起こしを変えてみる
鳥打ちの直し方は大三の段階でもできて、「左肘を曲げながら取る」ことで直すことができます。です。

 

ただ、鳥打ちになってしまう原因として、「左肘が伸びきってしまうこと」と「右肘の張りが足りないこと」が挙げられます。上の直し方では、伸びきった左肘を直すことはできますが、右肘の張りが足りないために、また鳥打ちになってしまう可能性があります。

 

そのため、解決方法として、打ち起こしを大きく上げます。これにより、肘の位置を高くなるので、脇の下の筋肉を伸ばすようにしましょう。そうすると、大三で右肘が下がりにくくなるので、トリサシを防ぐことができます

//

お客様からの声

無料メールマガジン:理論弓道

Facebookもチェック
var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; if (d.getElementById(id)) return; js = d.createElement(s); js.id = id; js.src = "//connect.facebook.net/ja_JP/sdk.js#xfbml=1&version=v2.0"; fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs); }(document, 'script', 'facebook-jssdk'));

書籍案内

 


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ