打ち起こしが低くなるとあらゆる射癖にかかる

打ち起こしの動作は弓を上に上げる動作です。

 

弓道人が他の人の射を見るとき、体の一部や姿勢を気にします。拳の位置や引き分けのときの肩の詰まり具合を観察します。

 

ただ、そういった部分的に不正の本質的な原因は「打ち起こし」から起こっている可能性が多いです。ここでは、打ち起こしの重要性を理解しなかったことによる射への悪い影響に関して解説していきます。

 

 打ち起こしは高い方が弓を引きやすい
打ち起こしの角度は45度でなるべく高く上げた方が良いです。なぜなら、打ち起こしは低くすると体にあらゆる悪い影響を与えることです。

 

一つは打ち起こしを低くすると、拳が遠くなってしまうことです。拳と体の距離が遠くなれば、背中回りの筋肉が固くなります。すると、胴づくりが前に屈みやすくなったり、腕全体が力みやすくなったりします。

 

さらに、体と拳の距離が遠いと手首が曲がりやすくなります。具体的には、取り懸けで親指が下に向きやすくなります。これにより、大三で手首がひねられ右肘が縦に向くので、引き分けで右肘を押す運動ができなくなってしまいます。

 

他に「背中」「脇周り」「腕の裏側」といった弓を押し開くために重要な筋肉の張りがにぶります。これにより、弓を引く運動がどうしても、胸や腕といった表側の筋肉が主体となって働くため、引き分けが小さくなったり、力がこもりやすくなったりします。

 

これにより、離れがゆるんだり前離れになります。打ち起こしは低くすると、多くの射癖にかかる可能性があります。これらの原因をしっかり理解して、自分の射を修正しなければいけません。

 

 多くの人の打ち起こしが低くなってしまう理由
そうはいっても、多くの人の打ち起こしを見ると、拳が低くなって、体と弓との距離が遠くなっています。これだけ射癖にかかる可能性があるとわかってなぜ多くの人は打ち起こしを低くしようと思うのでしょう。

 

それは、打ち起こしが低いと、体の前でいろいろ拳の操作がしやすいからです。

 

拳が左右高さがそろっているのか、大三で矢が水平になっているのか?それらは打ち起こしが低い方が見やすくなります。弓道場の大半は自分の射型が自分で見れるように鏡がおいてあります。自分の射型を鏡で合わせたりすることができます。このとき、打ち起こしを低くしておいた方が、手先が自由に動くため、修正がしやすいです。

 

さらに高く上げるのと低く上げるのでは低い方が楽です。なので、打ち起こしを勉強し、考えた事のない人はそうして、見た目や手先の自由差を求めて打ち起こしの拳はどんどん低くなります。

 

そのため、打ち起こしの高さは知らないうちに低くなっていると自覚しなくてはいけません。それを理解したうえで肘が伸びきらない程度に今よりも拳の位置を高くしましょう。

 

打ち起こしが高いと、拳と体の距離が近くなります。そのため、大三をとるときも体の近いところから取ることになるので、大三を取りやすくなります。変に手首を返して大三をとることがなくなるため、無駄に拳を握る必要もないため、拳の握る力もなくすことができます。

 

さらに、引き分けの動作もしやすくなります。これは弓が体と近くなるからです。両肩もずれにくいし、大きく引き分けやすいです。私はこの打ち起こしを高くすることで、緩み離れや射会で短くなりすぎな会など、いろんな射癖を改善することができました。

 

このように、打ち起こしを低くすると、あらゆる射癖にかかる可能性があります。知らず知らずの内に自分の打ち起こしは低くなっていると自覚し、高さを変えるようにしましょう。

//

講習会でのお客様の声

お客様の声

メルマガ登録

稽古会案内

書籍案内


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ