天文筋に弓を当てると、左の押し手の力を弱めてしまう

みなさんは弓を引いているとき、左手で握りすぎて、左手にマメを作ったことはありませんか?これは、左拳を握りすぎていることを現します。
 
大三をとるときに異常に「ギリギリギリ・・・」と弓と手がこすれる音が強い人、またそこで動作が遅くなってしまう人は拳を握りすぎています。すると、左拳の力みが左腕に伝わって、引き分けで押し手の力がなくなります。

 

この握りすぎるクセは実は教本の言葉や説明を真に受けてかかってしまうこともあります。ここでは、左拳を握りすぎてしまう原因と対策を考えていきます。

 

 天文筋に弓を当てると手の内を握りすぎてしまう。
初心者、経験者ともに手の内を握りすぎてしまうのは意識的な問題ではなく、自分で握りすぎている拳の整え方をしている可能性があります。

 

その中の一つに「弓構えで天文筋に弓を当てること」です。

 

実は弓構えの段階で天文筋に弓の左側を当てていると悪く働く場合があります。

 

「天文筋に弓の左側に当てる」ことは間違っていません。ただ、正確に言うと、引き分けの最終形で当たっていなければいけません。
 
正面打ち起こしでは、打ち起こしから引き分けに移るとき、左拳が大きく動きます。つまり、拳の中に入れた弓は弓構えで整えた位置から動きます。

 

弓構えで天文筋に弓を当てたとして、打ち起こしでは横の力はかからないため、天文筋に当てた弓はそのままです。しかし、大三に移ると左手は的方向に動きます。つまり、弓は左手の中にさらに入るような状態になります。

 

もし、弓構えで天文筋に弓をそろえていたら、弓がより手の中で食い込んでしまうため、左手は握ってしまいます。これが、手の内で握りしめてしまう一つの要因です。

 

 

 

 

確かに、弓を握ったことのない初心者が最初に弓を握るときの基準を作る上では「天文筋に弓を合わせよう」と教えることは大切です。ただ、弓を引くことになれてくると、打ち起こしの上げ方、から引き分けまでうまくなっていきます。

 

すると、中の弓が動いているときの拳の取り扱いも慣れてきます。もしも、ここで天文筋に合わせることにとらわれていたら、逆に動きが悪くなってしまい、射の構造を壊してしまうもとになります。

 

つまり、弓を引いてある年月がたった人が左拳に力が入りすぎている場合、弓構えで天文筋に整えていて本当に大丈夫かを検討する必要があります。

 

このように、天文筋に弓を当てると左拳を握りすぎる可能性があります。そのため、弓構えの段階で弓と手の整え方を変えないといけません。

//

お客様からの声

無料メールマガジン:理論弓道

Facebookもチェック
var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; if (d.getElementById(id)) return; js = d.createElement(s); js.id = id; js.src = "//connect.facebook.net/ja_JP/sdk.js#xfbml=1&version=v2.0"; fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs); }(document, 'script', 'facebook-jssdk'));

書籍案内

 


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ