「両肩のズレ」「上体の反り、屈み」を直し、負担のない胴づくりを身につける

立つときの姿勢は弓を引く上で大切な要素です。胴づくりが崩れてしまうと、のちの引き分けで射癖が生じます。

 

ただ、胴づくりにはあらゆる崩れかたがあります。そのため、それぞれの崩れに対して適切な直し方を理解する必要があります。ここでは5つの胴づくりを理解し、それぞれの姿勢を真っ直ぐに整える方法を紹介していきます。

 

 胴づくりには5種類ある
胴づくりには5胴と呼ばれる5つの姿勢があります。

 

 屈む(俯す)・・・腰が張らず上体が前に突き出る。
 反る(仰ぐ)・・・上体が反り返っている、弓も照ってくる。肥えた人は仰ぎがちになる
 掛かる(懸る)・・両足の中央に垂直であるべき胴の線が的の方に傾いている。
 退く・・・胴の線が右の方に傾くいている状態。
 中胴・・射において、つりあいのとれた真っ直ぐな胴。

 

 掛かる胴、退く胴は「足踏み」と「肩」で直す
胴づくりの段階で肩の線が左や右に傾いている人は「肩と首」から直すようにします。

 

左右の肩があっていない人は、足踏みの普段踏んでいる幅よりも少し広めに踏んで、両足の体重の乗り方を同じくらいにし、両肩の力を抜いてください。これによって、左右の肩がそろいます。足踏みの幅が狭いと、上半身の体重が下半身にうまく乗らなくなり、上半身のゆるみが、肩の傾きになってでてきます。

 

 姿勢が反りやすい人(反る胴)は膝関節の力を少し抜いてみる
姿勢が反っている人の場合、足裏の重心を土踏まずではなく「足首関節」くらいにして、少し膝関節をほんの少し曲げる気持ちで膝関節の力を抜くようにしましょう。この状態で自分の頭を10p真上に上げるように首を伸ばします。

 

肩を楽に落とすことで、足裏全体がピタッとつけば問題ありません。そうすれば、反った体型が完璧に真っ直ぐになります。

 

上体が反りすぎる人、特にやせ形、女性に多いのですが、もしも、胴が反りすぎる場合は普段の立っている状態ですでにちょっと上半身が緊張している姿勢になっています。

 

こういう人の場合は重心を少し後ろめに起きます。前に置きすぎると、姿勢が反りやすくなるからです。胸やお腹の筋肉が緊張しやすくなり、弓を大きく引くことができません。やせ形や反り腰の人の場合、最初に胸やお腹の緊張を少しとって上げることが大切です。

 

そのために、膝から下の筋肉をゆるめるように、少し膝関節の力を抜きましょう。上半身の無駄な力みがとれて、大きく弓を押し開くために、右肘を適切に動かすことができます。足裏の重心は土踏まず程度にして、ほんの少し膝関節を曲げても射において大きな影響は出ないでしょう。

 

私は昔、教本の足踏みに書いてある、「膝関節をピンと伸ばす」という言葉を意識しすぎて、膝関節をピンと伸ばして立っていました。しかし、必要以上に膝の裏側を緊張させてしまうと脚周りの筋肉が固くなってしまい、胴が揺れやすくなります。

 

それで、膝関節を少し楽にして、足裏の重心もかかとに来るくらいにして、骨盤を少し起こしました。そうすると、上半身、とくに胸周りが引き分けで緊張しなくなり、的中と矢数が増えました。

 

を「ひさこ腹」と言います。なので、上体が反りすぎる姿勢の人は「上半身の力を抜く」目的で骨盤を立てて胸を楽にする姿勢ような姿勢を取りましょう。膝の力を少し抜くと、この姿勢を取りやすくなります。

 

 姿勢が屈む人は顎を引いて修正する
逆に背骨が曲がって、胴が屈んでいる人は、その立っている状態から少しアゴを引いて、首を10センチ上に伸ばすように首を伸ばしてください。あるいは背中を少し起こすイメージで、引いてみてください。

 

そうすることで、屈んだ姿勢から、胸周りが楽になった自然な前傾姿勢になります。

 

その理由はアゴを引くことで、頭の位置が後ろに下がるからです。屈む人は首が普通の人より、前に出やすいです。そして、その首がさらに下がりすぎないようにアゴが無意識に上がります。

 

このアゴの上がりが屈んだ姿勢を固めてしまい、上半身の縦線を効かせる状態を阻害する要因にあります。屈んでいる人は、重心を気にする必要はありません。こういう人は、膝関節を伸ばして、足幅をきっちりとれば、重心が自然と前に行きます。
 
 やせている人、太っている人それぞれの姿勢の正し方
胴づくりの反っている、屈んでいる姿勢というのは、その人の体形によって、決まることがあり、またその人によって、修正のしかたが違います。

 

やせてて反っている人は「膝」から上半身を抜くようにし、太って屈んでいる人は「アゴ」から上半身を凝らない姿勢を作っていくと直なる「中胴」に近づけることができます。

 

このように、胴づくりの崩れは両肩のズレ、上体が前や後ろに屈むことによるズレがあります。足踏み、膝関節、首の使い方を変えることで、体に負担のない胴づくりを身につけることができます。

//

お客様からの声

無料メールマガジン:理論弓道

Facebookもチェック
var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; if (d.getElementById(id)) return; js = d.createElement(s); js.id = id; js.src = "//connect.facebook.net/ja_JP/sdk.js#xfbml=1&version=v2.0"; fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs); }(document, 'script', 'facebook-jssdk'));

書籍案内

 


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ