射癖を直すのには条件があるA〜型を捨てる〜

射癖を直すにはいろんな心構えが必要です。普段は上達させたいと中りを意識しますが、どうしようもなくひどくなってしまった射癖がついたら、それで当てても何も意味がありません。

 

ちょっと癖が出ているくらいなら、それは意識して直すことができるのですが、あまりにもひどくなったら、癖をなので、ある程度、直しかたを知って心がけておく必要があります。

 

そして、癖を直すためには的中を意識しないことともう一つあります。それは、型を意識しないことです。

 

型とは言ってしまえば「見た目のキレイさ」です。打ち起こしで肩が上がらない、大三、引き分けで落ち着いて引く、そういった心がけてきたことを一度やめる必要があります。

 

なぜなら、型を意識すると、体をそれ以上伸ばしたり、寄せたりという動きができなくなってしまうからです。

 

弓道においては「見た目のキレイさ」を重視するあまり中の筋肉が硬くなり、、関節の動かし方がわからなく、癖になってしまうのも多いです。

 

例えばこの例でわかりやすい例が「打ち起こし」です。

 

打ち起こしの動作をするときに、慣れてない人、力みがある人は弓があがったときに一緒に肩も上がってしまいます。

 

日本弓道連盟の射形ではこの「肩上がり」を嫌い、打ち起こしで上がってきたら、下げさせるように指導します。

 

しかし、もしも何か別の癖を持っていて、それを直す場合であれば、こういう型は一度崩したほうが直るスピードは早いです。

 

つまり、打ち起こしで肩が上がってしまう、見た目の悪い型をそのままにしておいた方が、他の病癖を直しやすくなります。

 

例えば、ある人が手繰りで悩んでいて、それを直したいと思ったとしましょう。

 

そうして、癖の矯正法として打ち起こしを今より高く上げましょう」と理解し、いつもより高く内起こしをしてみたら、打ち起こしのときに肩があがってしまいました。

 

ここで、ただ見ている人は「肩が上がっているよ」と言うでしょう。そうしたら、その人は打ち起こしの型をキレイに保ちつつ、たぐりを直そうと頑張ります。

 

しかし、そんな都合の良いことはまずできないとかんがえてください。手繰りを直すためであれば、型はどうでも良いのです。直すことを考えてください。

 

なぜなら、型を崩すと、体の中の筋肉を伸ばしたり使ったり、意識しやすくできるからです。

 

打ち起こしを高くすることで、大三の引き初めを楽にするための、上腕三頭筋の意識、さらに、高く上げることで、体と弓が近くなり、手首に力を凝らないようになります。

 

こうして、見た目のキレイさを意識しすぎたあまり、今まで弓を適切に引くために必要だったいろんな筋肉が型を崩すことで使えるようになります。

 

他の型のキレイさを保ったまま、悪いところだけ直すのはとても難しいです。なので、射癖を直すときは、少々力んだり、射形が崩れてもかまいません。

//

お客様からの声

無料メールマガジン:理論弓道

Facebookもチェック
var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; if (d.getElementById(id)) return; js = d.createElement(s); js.id = id; js.src = "//connect.facebook.net/ja_JP/sdk.js#xfbml=1&version=v2.0"; fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs); }(document, 'script', 'facebook-jssdk'));

書籍案内

 


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ