射癖を直すには条件がある〜的中を捨てる〜

弓を引いているとその人によって、癖や悪いところがでてきます。そして、それを直すため、克服するために以前より射形を意識します。

 

癖を直すためのやり方はいろいろあり、そのやり方を学んで、稽古をすればそのほとんどは治せると考えています。

 

今でも私には多少の癖がありますが、昔は早気、後ろ狙い、たぐり、エレベーター(引き分けが右肘を引くときに下に下がってしまう病気)いろんな癖をもっていました。

 

今では、その癖を全て直しました。稽古でもたまに出たときは意識して直すこともできます。

 

その癖の矯正法をいろいろ公開していきますが、癖を直す上でどうしても心がけてほしいことがあります。

 

それは的中を意識しないことです。「的中」を意識すると癖は直りません。直そうと思っても目で的を見て、狙いを合わせたり、当てることに気持ちが行ったら、また元に戻ってしまいます。

 

それは、癖とか体の動きです。射場で自分の体が適切に動いてくれないと癖を直ったことにはなりません。そのため、引いているときの意識は「自分の腕をこの方向に押すイメージ」とか体の動かし方をイメージするのです。

 

それなのに、自分の頭が的中を意識していると、その体の動かし方、引き分ける方向、体の使い方を頭で理解できないのです。的中の意識は体をイメージ通りに動かすことを妨げます。

 

なぜ、昇段審査は参段から的中が関わってくるのでしょうか、初、二段で的中が合格基準に入っていないのは、初、弐段ではそういった的中を意識せずに引くことが大切だからです。

 

的中を意識せずに引くと自然と心に余裕が出て、体も自分のイメージ通りに動かすことができます。大きく引けるようになり、健康的な射となるのです。

 

それが参、四段になると的中を意識すると射形が崩れ初めます。参四段になると射形が直せなくなり、幽霊会員になって稽古しなくなる人も多いです。

 

なので、癖を直すための前提として「一か月くらいは狙いを気にせずのびのび引こう」と全部制約をはずして直すくらいにしましょう。

 

特に早気はそうです。よく、巻き藁で持つようになったからって射場に入ってなかなできません。

 

射場の癖は射場で直した方が良いです。狙うのをすっぱり捨てて、キレイな引き方を磨くことに価値をおきましょう。

 

「よし、今日はこうやって引くぞ」と思って的中はゼロ本でも良いです。稽古をしましょう。そうすれば自然に癖がとれてきます。

//

お客様からの声

無料メールマガジン:理論弓道

Facebookもチェック
var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; if (d.getElementById(id)) return; js = d.createElement(s); js.id = id; js.src = "//connect.facebook.net/ja_JP/sdk.js#xfbml=1&version=v2.0"; fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs); }(document, 'script', 'facebook-jssdk'));

書籍案内

 


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ