適切な足踏みを踏むための三つの準を理解する

足踏みは的を左側面にして立ち、的の中心と左足爪先および右足爪および右足爪が一直線になるように、左、右と足を半歩踏開きます。

 

足踏みの目的は日置流では的の真ン中に立つということと、上体の安定を保つことと考えられています。上体の安定を保つために日置流では三つの準を足踏みの決まりとして説明しています。

 

ここでは、足踏みの「狙い」「角度」「幅」を理解するための三つの準について解説していきます。

 

「中墨の準」「矢束の準」「扇子の準」

三つの準とは「中墨の準」「矢束の準」「扇子の準」です。この三つの準で以下の足の要素が決まります。

 

中墨の準→両足の位置

矢束の準→両足の間隔
扇子の準→両足の角度

 

中墨の準

的の中心より射手自信の中心に、仮想の線を引きます。その線上に左爪先を置く心持で半分左に踏み開きます。その的心、左爪先の二点を結ぶ直線を延長して、その延長線上に右爪先を置くように右足を半歩右に踏み開きます。

 

矢束の準

中墨の準にて踏み開いた爪先と爪先の間隔を、射手の身長の約半分くらいに踏む。昔、矢の長さは身長の半分とされていたので、この場合、矢の長さを標準となし得るのでこの名があります。

 

扇子の準

両足の作る角度は射手それぞれで若干違いあります。だいたい60度以上80度以下が適した角度になります。

 

以上より、足の位置、幅、角度が決まります。日置流では完全な射術を行おうとするならば、自信を持って「爪先を見て足踏みをすること」が重要と考えられています。

 

権足の中墨

足踏みに当たって右爪先が、仮想線の前(的に正対して、その中心より右を前、左を後と、弓道では言われています。)に出ると矢は的の後ろに行き、後に引っ込むと矢は的の前に行く傾向があります。

 

矢束の準より広く踏むと矢は上り、狭く踏むと矢は下る傾向があります。よって練達の射手はその日の矢坪(矢の着点)によって、足踏みを直し、矢を行くところを修正します(これを権足の中墨と呼びます)。

//

講習会でのお客様の声

お客様の声

メルマガ登録

稽古会案内

書籍案内

関連ページ

「袴腰の準」から自分の胴の状態を瞬時に判断する
「技の日置」と言われ、弓が戦場で使われたいたとき、的中させるには、強く相手を射抜くには、より速く矢を飛ばすことを徹底的に研究した日置流射法の射法書の内容をまとめたページです。
弓構え1:懸け口十文字と紅葉重ねの手の内を理解する
「技の日置」と言われ、弓が戦場で使われたいたとき、的中させるには、強く相手を射抜くには、より速く矢を飛ばすことを徹底的に研究した日置流射法の射法書の内容をまとめたページです。
弓構え2:生理的に負担の少ない頭持(ずもち)を理解する
「技の日置」と言われ、弓が戦場で使われたいたとき、的中させるには、強く相手を射抜くには、より速く矢を飛ばすことを徹底的に研究した日置流射法の射法書の内容をまとめたページです。
斜面打ち起こしの方法とポイントを理解する
「技の日置」と言われ、弓が戦場で使われたいたとき、的中させるには、強く相手を射抜くには、より速く矢を飛ばすことを徹底的に研究した日置流射法の射法書の内容をまとめたページです。
大三と引き分けの間の「三分の二」より、正確に引き分けをする方法を理解する
「技の日置」と言われ、弓が戦場で使われたいたとき、的中させるには、強く相手を射抜くには、より速く矢を飛ばすことを徹底的に研究した日置流射法の射法書の内容をまとめたページです。
会に重要な伸び合い、詰め合いを力学的に理解する
「技の日置」と言われ、弓が戦場で使われたいたとき、的中させるには、強く相手を射抜くには、より速く矢を飛ばすことを徹底的に研究した日置流射法の射法書の内容をまとめたページです。
離れを誘う条件反射を正確に理解する
射「技の日置」と言われ、弓が戦場で使われたいたとき、的中させるには、強く相手を射抜くには、より速く矢を飛ばすことを徹底的に研究した日置流射法の射法書の内容をまとめたページです。
日置流の射の理想形は小笠原流と大きく異なる
「技の日置」と言われ、弓が戦場で使われたいたとき、的中させるには、強く相手を射抜くには、より速く矢を飛ばすことを徹底的に研究した日置流射法の射法書の内容をまとめたページです。
紅葉重ねの手の内徹底解剖
「技の日置」と言われ、弓が戦場で使われたいたとき、的中させるには、強く相手を射抜くには、より速く矢を飛ばすことを徹底的に研究した日置流射法の射法書の内容をまとめたページです。
日置流のいきつく円熟の射とは
「技の日置」と言われ、弓が戦場で使われたいたとき、的中させるには、強く相手を射抜くには、より速く矢を飛ばすことを徹底的に研究した日置流射法の射法書の内容をまとめたページです。
第1条、足踏みを定むること
「技の日置」と言われ、弓が戦場で使われたいたとき、的中させるには、強く相手を射抜くには、より速く矢を飛ばすことを徹底的に研究した日置流射法の射法書の内容をまとめたページです。
第2条 五つの胴づくりの事
「技の日置」と言われ、弓が戦場で使われたいたとき、的中させるには、強く相手を射抜くには、より速く矢を飛ばすことを徹底的に研究した日置流射法の射法書の内容をまとめたページです。
第3条 弓構えの条
「技の日置」と言われ、弓が戦場で使われたいたとき、的中させるには、強く相手を射抜くには、より速く矢を飛ばすことを徹底的に研究した日置流射法の射法書の内容をまとめたページです。
第4,5条 引きようの事,矢束の事
「技の日置」と言われ、弓が戦場で使われたいたとき、的中させるには、強く相手を射抜くには、より速く矢を飛ばすことを徹底的に研究した日置流射法の射法書の内容をまとめたページです。
第6、7条、剛弱のこと、恰好のこと
「技の日置」と言われ、弓が戦場で使われたいたとき、的中させるには、強く相手を射抜くには、より速く矢を飛ばすことを徹底的に研究した日置流射法の射法書の内容をまとめたページです。
第9,14、15条 詰めの事、急雨の事、朝嵐の事
「技の日置」と言われ、弓が戦場で使われたいたとき、的中させるには、強く相手を射抜くには、より速く矢を飛ばすことを徹底的に研究した日置流射法の射法書の内容をまとめたページです。
第16,17条 手の内十文字の事、紅葉重ねの事
「技の日置」と言われ、弓が戦場で使われたいたとき、的中させるには、強く相手を射抜くには、より速く矢を飛ばすことを徹底的に研究した日置流射法の射法書の内容をまとめたページです。
第18条、20条 角見の事、弦三所に納まると事
「技の日置」と言われ、弓が戦場で使われたいたとき、的中させるには、強く相手を射抜くには、より速く矢を飛ばすことを徹底的に研究した日置流射法の射法書の内容をまとめたページです。
第21、23条 矢通り間と云事、 弓を準に当てる事
「技の日置」と言われ、弓が戦場で使われたいたとき、的中させるには、強く相手を射抜くには、より速く矢を飛ばすことを徹底的に研究した日置流射法の射法書の内容をまとめたページです。
第25、28条 不引矢束の事 矢の和可連の事
「技の日置」と言われ、弓が戦場で使われたいたとき、的中させるには、強く相手を射抜くには、より速く矢を飛ばすことを徹底的に研究した日置流射法の射法書の内容をまとめたページです。
弓構え:4つの弓構えから胴づくり、弓構えの教えを深く理解する
「技の日置」と言われ、弓が戦場で使われたいたとき、的中させるには、強く相手を射抜くには、より速く矢を飛ばすことを徹底的に研究した日置流射法の射法書の内容をまとめたページです。

HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ