左右対称の引き分けを身につけるために拳と肩の働きを理解する

小笠原流では引き分けのことを「引取(ひきとり)」と呼んでいます。引き取りの動作では、左右対称に引き分けることが、整った射型を生みます。

 

ここでは、キレイな射型を整えるための拳と肩の働かせ方について解説していきます。

 

 少し左拳を強めに押すとバランスが合う
左手の方が右手より力を入れるのが難しいです。少し左のほうを大目に入れることで見た目の左右対称が取りやすくなります。

 

伝書にも「弓を引く時十の物を、「左へ六七程おす事也、左右同じかるべきに左を大目におきつるは云々」といわれています。少し左の方を少し大目に押せと書かれています。

 

「剛父弱母」の個条にも左拳を父、右拳を母に例えていて、左手の方を少し強めに押すように例えています。

 

ただ、左の方を「多め力いれよう」と思うと、左肩が上がったり左腕が突っ張ったりしてしまうことがあります。これは、多めに力を入れることを「押し伸ばすこと」と勘違いしてしまうことから起こります。

 

そのため、弓は左右対称に引いていく意識が大切です。
 
 3種類の拳と肩の位置関係
引取のときの肩の位置は「横一」「中高」「中窪」の三種類があります。

 

両肩、両拳の位置は、横から見て一直線になるのが「横一」、両肩が上がっている場合を「中高」、両肩が下がっている状態を「中窪」といいます。

 

この中で「中高」には取り柄がありません。両肩が上がると上半身全体が力んで離れがゆるんでしまうからです。理想とされているのは「横一」です。
 
 引き分けのときの左腕の理想の形を理解する
左腕の形は「腕成」という個条に、左右の肩の付根より大指の下めで糸を引いて、内へ張りも、外へ屈みも上下にも反らないようにします。

 

なので、左腕はまっすぐピンと伸びているのではなく、実際は少し左肘が曲がっているとこのようにどこにも歪みのない押しになります。この腕のことを「弓腕」と言います。

 

さらに十分な押しが入っていると、左腕の肘の皿の上部がくぼんで肘が縦に向きます。これを「天腕」と呼び、左肘を少し内側に向けるようにすると良いです。ただし、無理にすると肩が上がるので、気を付ける必要があります。

 

以上のことを意識することで、射型がキレイに整います。

//

講習会でのお客様の声

お客様の声

メルマガ登録

稽古会案内

書籍案内


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ