射場に入るときの気分まとめ

小笠原流歩射の説明では、射の説明だけではなく、普段からの稽古の心構えについても詳しく説明されています。

 

ここでは、その一部を紹介していきます。頭に入れて、心がけることで、稽古の上達のキッカケになります。

 

・射において、体と心と道具はつながっている
よい射を出すためには、身体の調子、心の調子、道具、すべてつながっています。

 

たとえ、身体の調子がよくても心にわだかまりがあってはよい射が出ないから、平生から心がけて浩然の気を養えというのです。逆も同じことが言えて、心の調子が良くても身体の調子が悪いと良い射が生まれません。これを、「心の養生」「身の養生」といいます。

 

そして、道具も同じです。弓、矢、?、弦にいたるまで、道具になれて、わが身の一部分のような気持ちになることが大切です。これを「弓を身に知らせる事」と言います。

・丁寧な稽古、粗末な稽古を辞めて、熟した射を時間をかけて目指す
稽古をするときは、平生常に油断せずに弓術に心がけること。力を練ってだんだんと強い弓にしていくことを心がけます。これを三好といい,その逆を三毒(さんどく)といいます。これは、弱弓を好むこと、強弓を好むことをさしていっています。

そして、丁寧な稽古をし、年を重ねれば、「木枯らし」「紅葉重ね(もみじかさね)」の域に近づくことができます。木枯らし」は木々の梢もいろどった木葉も、冬になって木枯がふけば、皆落ちていくように、修行も途中でいろいろの形が見られるが、老練ののちは素直なところに落ち着くということです。

「紅葉重」は冬になって木々の落葉が散り重なる。紅も黄色もあるが、それらは下づみとなり、表面から見てさしたることはないという意味で、「木枯らし」と内容は同じです。

初心のうちにむやみに老成をまねるのはよくなく、春の芽ぐみ、夏の青葉、秋の紅葉の順をへて老成枯淡の域に入るべきことをふくんでいます。

・順序を守り、向上心を持ち続ければ、不可能な事が可能になる。

順序を守り、修行することが大切でこれを「十重と言います。書物を読んで、技術を構ずることは良い点ばかりではないので、読者は注意が必要で、ひとつひとつ重ねて極意に達せよという教えです。

そして、順序を守り、常に向上心を持ち続けることです。これを「中央」と言います。これにより、技術が向上し、一段上の業に気がつくようになり、いつも自己の中に不足を感じ、また稽古で技術を積み重ねようとします。


よって、出来難いようなことも修行によってはできるようなものだと言います。盤上に卵を重ね、机上に筆の袖を同じように十一まで積み上げたという故事のたとえで、「玉と竹」と言います。

全ての修行は、人によって難易はあっても不可能はないということをよく心得て、稽古に励むのです。

//

講習会でのお客様の声

お客様の声

メルマガ登録

稽古会案内

書籍案内


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ