適切な引き取りを行うための右拳の形と指の整え方

打ち起こしが終わり、次に引き取りの動作を行います。体に負担なく引き取りを行うためには、右拳の形や指の整え方を理解しなくてはいけません。

 

ここでは、引き取り動作を行うための左拳の形と指の整え方を解説していきます。

 

 引取での右拳の使い方
引取での右拳は手首の力で引くのではなく、勝手の肘で引けと言われます。この引き方を「手綱引」と呼んでいます。

 

そのために、右手は弓を引くのではなく、肩と肘を伸ばす気持ちにせよと言われています。これを左手と合わせて考えると、左手は的へ的へと伸び、右手は反対側にしまっていくことになります。

 

 引取でのそれぞれの右手指の使い方
引取のときの手首、手指の適切な状態を以下にまとめました。

 

右手首・・・身の方に折れないように。(「坤の事」より)
親指・・弓に引かれて伸びてはいけない。(「地定の事」より)
人差し指・・中指に重ねるようにして、親指を直ぐにおさえる(握って押さえるのではない。「母恵より」)
中指・・・人差し指により強く添えて、親指を確かにおさえる(「兎善の事」より)
薬指、小指・・しっかり並べて握る(「兎心の事」「兎力の事」より)

 

しっかり引取で右肘を後方に回せば、親指は変に引かれることなく、安定します。人差し指、中指で注意しなければいけないのは、親指を握りしめるように力は入れてはいけません。

 

直ぐにおさえると書いてあるように、取り懸けで中指第二関節で親指につけ、その面で押さえつけていればよいです。これを握りすぎると右手首がたぐってしまいます。

 

取り懸けるときは、左拳と同じく、握るように力むのではなく、薬指と小指を曲げ、手の甲を丸くして、中指の第二関節で?帽子を押さえます。こうすることで、引き分けで弦がしっかり絡み、右?が締まります。

//

講習会でのお客様の声

お客様の声

メルマガ登録

稽古会案内

書籍案内


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ