小笠原流射法

礼儀 礼射 澄ましの心

小笠原流射法

 
射における心構えと姿勢
 
小笠原流、射の前の心の準備

 


立つ稽古で身に着ける「直なる身」

 

足踏み、胴づくり、弓構え

 

足踏みで足以外に意識すること

 

「五胴」「竪一」「上重」「小腹」の教えから、安定した胴を理解する

 

取り懸けでの親指の使い方と心構えを理解する

 

物見での適切な「アゴ」「両目」「鼻筋」の位置を理解する

 

打ち起こし、引き分け

 

適切な打ち起こしを行うためには脇の下の皮を活用する

 

左右対称の引き分けを身につけるため、「大三の取り方」「意識の持ち方」を理解する

 

左右対称の引き分けを身につけるために拳と肩の働きを理解する

 

適切な引き取りを行うための右拳の形と指の整え方

 

適切な引き取りを行うための左拳の形と指の使い方

 
保、離れ

 

保:充実した保を経て、離れにつなげるためには

 

離〜一寸の離れ、五寸の離れの話〜

 

残心〜後の澄まし、弓返りの話〜

 

小笠原流、狙い眼取得法〜雪の目付〜

 
射における心構え

 

小笠原流、射における全体の注意

 

小笠原流独特の教え〜澄まし〜

 

射場に入るときの気分まとめ

 

射場に入るときの気分まとめA

 

射場に入るときの気分まとめB

 

免許がないと使えない弓、多彩な弦

 

引用:このページの記事は全て「現代弓道講座2巻」の文章を参考に作成されています。さらに、小笠原流歩射などの内容を元に作成されています。正直、この記事だけで全てを把握することはできないため、上の内容をさらに詳しく知りたい方は「原文」を読むことをお勧めします。

//

お客様からの声

無料メールマガジン:理論弓道

Facebookもチェック
var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; if (d.getElementById(id)) return; js = d.createElement(s); js.id = id; js.src = "//connect.facebook.net/ja_JP/sdk.js#xfbml=1&version=v2.0"; fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs); }(document, 'script', 'facebook-jssdk'));

セミナー開催:理論弓道


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ