弓の世界にはどういう流派があるのか?

弓道の流派とはどのように分かれていったのか?

 

まず、日置弾正正次という方が歩射の道を究めました。この人は今の弓道の代表的な流派である「日置流」の祖と言うべき人です。

 

この人の射法が弟子である吉田重賢に伝わり、この人の後に「吉田流」の祖と仰がれ、これより諸派にわかれて互いに技を競いあいます。

 

吉田出雲守重高は近江佐々木家に仕え、この弟子に石戸藤左衛門という者師法を得、のちに竹林と名を改め三井寺に居たのを徳川家康が駿府に呼び寄せて旗本に弓術を教えさせました。これがのちの竹林派と称されます。

 

この弟子に二人の達人が出て、竹林は叔尾張候へ、一名の弟子はは紀伊藩へ、もう一名の弟子は水戸藩へつけられたという。ここでわかれて、尾州竹林派、紀州竹林派と別れました。

 

このほか、吉田六左衛門は雪荷派、吉田源八朗は印西派、伴喜左衛門は道雪派など十一派に及びます。これらの諸派が徳川時代、武士の間で武士の間で行われました。

 

そしてこの系統とは別に昔より小笠原家は「法式を第一とする」と言われるように礼法に詳しい弓の家柄として長い伝統を持ちもちきりました。

 

八代将軍吉宗は鷹狩、犬追物、流鏑馬を復興しようとし、鎌倉以来の古文書を取り寄せ、自ら絶えていた古法を新たに制定しなおしました。これが後に小笠原流となります。

 

これより、小笠原流が江戸時代に浸透し、この中で達人も出てきました。

 

近世日本弓道の祖と言われる日置弾正を頂点として、伝承されてきた武射の理論づけにおいて、中国の射法が色濃く反映しています。その中国の射法の有名なもので「射学正宗」があります。

 

戦前、武徳会という組織があり、この会で弓道各流を統一してひとつの形に統一しようという試みがありました。しかし、終戦となり、GHQにより、武徳会は解散となりました。

 

戦後、全日本弓道連盟が結成され、再び統一形を作り、これより、日本に弓道が広まり、日本界の主流となっています。

 

そして、昔は弓は弓術といわれていましたが、柔術を柔道を名付けて近代化させた加納治五朗先生の考え方の流れを頂戴し、弓術から弓道といわれるようになりました。

 

弓道はもともとは狩猟のためのものが、戦闘に使われ、徳川泰平の世を過ぎて、これに仏教的色彩を加味した宇宙観を弓矢に付与したり、さらに、射即禅といった考え方に浸透し、弓矢を用いて人間精神啓発の具として試みられました。

 

昭和に至っても阿波研造に師事したドイツの哲学者オイゲンヘリケルの書籍「弓と禅」にはまさに「哲学の実践」の代表であり、この考えが今でも日本国に残っています。

 

明治以後、弓道の儀式的な考えが浸透し、弓術的発展は少なかったが、竹林派の一派に本多利実が出て小笠原の打ち起こしを取り射て、工夫をして、技の日置流と礼の小笠原を取り入れた「本多流」が表れました。

 

以上より、簡単な弓道の流派の流れを説明しました。そして簡単に特徴をまとめると

 

日置流→「技の日置」と言われ、狩猟、武士の間で弓の技術の研究に特化していた、特徴的な射法は打ち起こしを側面で行う斜面打ち起こしである。

吉田流、尾州竹林、紀州竹林、印材派、雪荷派、道雪派→日置から派生していった流派、

小笠原流→「礼の小笠原」と言われ、礼射にとっかした流派。作法のときの体の動かし方の説明が非常に細かくかかれている。特徴的な射法は打ち起こしを全面で行う正面打ち起こしである。

本多流→射の竹林、礼の小笠原流の二つを取り入れた流派

//

講習会でのお客様の声

お客様の声

メルマガ登録

稽古会案内

書籍案内


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ