残心の重要性について述べなさい。

G「残心(残身)」とは、矢の離れた後の姿勢をいい、離れからの姿勢を崩さず天地左右に伸び合ったまま縦横十文字の規矩を堅持していなければならない。目は矢どころに注いだまま呼吸に合わせて弓倒しをし、静かに物見を戻し足を寄せ閉じるまでをいう。

形でいえば「残身」、精神でいえば「残心」である。

「残心(身)」は射の総決算であり、故、射の巧えつによって弓倒しや物見返しが乱れてはならない。又、基本動作の立つ座る、回る、礼、揖などにおいても動作の決まるところには気を注ぎ、残身が伴わなければならない。

「残心(身)」の良し悪しで射全体の判別が出来、また射手の品位、格調もあらわれることから、おろそかにせず良い残心(身)が得られるよう射法射技の基本を正しく守ること。

//

お客様からの声

無料メールマガジン:理論弓道

Facebookもチェック
var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; if (d.getElementById(id)) return; js = d.createElement(s); js.id = id; js.src = "//connect.facebook.net/ja_JP/sdk.js#xfbml=1&version=v2.0"; fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs); }(document, 'script', 'facebook-jssdk'));

書籍案内

 


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ