真っ直ぐに矢を出すために必要な稽古法

離れは矢を狙った方向に飛ばす動作です。したがって、余計な筋肉の力みなく、拳にひっかかりのない離れを行わなければいけません。

 

そのため、ぶれなく迷いなく離すために、行わなければいけないことがあります。ここでは、範士の言葉を引用して、心身に滞りのない離れを作る方法に解説していきます。

 

 不退転に左拳を押し続け、ぶれをなくす
会において、左拳、左腕は弓の抵抗力が大きくかかります。したがって、離れにおいてもっともブレが出やすいのは左拳であって、矢を正確に放つために左手の働きを理解する必要があります。

 

このときに大切な心構えとして「左拳を不退転に押し続ける」ことがあります。具体的には、左親指根の部分(角見)で弓の右側を押し、会でじっと静止しているときのこの押し動作を絶えず行います。

 

その理由は、左拳がもっともぶれやすいことが関係しています。左拳のブレが弓の上部に伝わり、離れにおける微妙な心のブレが生じます。そのため、最後の最後まで、左親指根を以て押し続け、離れに至らしめます。

 

教本第二巻の浦上範士は離れは右手からではなく、左手から誘う出すものだと説明しています。

 
意識的に右手を動かして弦を離したのでは離れに色々の悪い変化が伴う。どこまでも、右手の離れは左手によって誘い出さねばならない。それは、弓の右角を左拇指の付根で鋭く押して的に突っ込むのである。〜浦上範士〜

 
自然の離れに到達するために、初心者はこれに到達する基礎を磨かなければいけない。

それにはまず第一に左手角見を大切にし、弓の受け押す力が肘から三頭前膊筋その他に通じ、脊を通って右肘へ誘うように力の働きを注意して稽古しなければならない〜高木範士〜

 
本人が等分に離れたと感じるような場合はたいてい右手が勝っているので、これでは弦の働きに悪い影響を及ぼすこととなって、前にいうような「自然な離れ」とならない。〜浦上範士〜
 
離れでの弓のブレをおさえるため、左拳を的に押し続けましょう。自然と離れが整い、ねらい目が定まります。

//

講習会でのお客様の声

お客様の声

メルマガ登録

稽古会案内

書籍案内


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ