会での手の内の状態を理解し、左腕の押し動作を適切に行う

会においては、左右の腕、肩の関節が整い、弓の抵抗力に欧文して力を働かせることが大切です。そのために、手の内の働きを正確に理解する必要があります。

 

手の内は弓と接触しているうえ、体の中で最も弓の抵抗力を受ける部分です。この部位の動きを理解することで、会で左腕の筋肉の無駄な負担を取り去り、的方向に押し続けることができます。ここでは、会における手の内の働きを範士の言葉を引用して解説していきます。
 
 会での手の内は堅く握らないことを心がける
会で、左拳は弓の反発力を100%受けています。そのため、弓の圧力によって、密着している指が動き、拳の構造が形作られます。

 

このときに、自分から指を握ってしまうと、余計な力が入ったことになります。さらに、弓の反発と指の握る力が合わさって手の内がしまりすぎてしまう可能性があります。

 

この動きによって、会において左腕全体の力みにつながってしまい、離れで左腕の筋肉を前方に押すように働かせることができなくなります。そのため、自分から握ろうとせず手の内がしまってくるものと考えることが大切です。

 

「詰め合い」で手の内は握り革に吸い付くように全体で締めるので、部分的にいろいろ工作しない。勝手は手首は左手に相応じて同時に引きしめる〜宇野範士〜

 

 少し小指を締めて弓を伏せ気味にする
ただ、固く握らないといっても指先の力を抜いてしまうと、かえって弓の抵抗力に負けやすい左拳になってしまう可能性があります。

 

特に多いのが、しょうこんに弓がつかなくなるときで、この状態は弓の抵抗力が人差し指と親指の間に強くかかりすぎてしまいます。これによって上押しの状態を作ってしまい、狙いが下に飛んでしまいます。

 

そのため、少し小指をしめるようにして、弓がしょうこんから逃げないようにすることが大切です。そのため、手の内を定めるときに、弓が少し伏せられるのは問題ないとされます。

 

弓が少し伏せられると、握り皮の下部がより小指の根本にあるしょうこんに密着します。これによって、弓の抵抗力が人差し指と親指の間の皮の上部ではなく、小指の根本を通じて左腕の脈どころ(中筋)にかかるようになります。これにより、親指根への弓の圧力が軽減し、角見がきく「親指が前方に伸ばされる」運動が起きやすくなります。

 

日置流では、末はずから糸を下して握りのところで四寸(十二cm程度)開くのを定法としている。遠矢の際は弓を照らし(臥せるのと反対)、甲冑着用のときは一尺二寸(三十六cm)開いたのである。〜浦上範士〜

 

以上のように手の内を働かせることで、会で弓を適切に押すことができます。

//

お客様からの声

無料メールマガジン:理論弓道

Facebookもチェック
var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; if (d.getElementById(id)) return; js = d.createElement(s); js.id = id; js.src = "//connect.facebook.net/ja_JP/sdk.js#xfbml=1&version=v2.0"; fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs); }(document, 'script', 'facebook-jssdk'));

書籍案内

 


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ