会を安定させるための「持満」を手に入れるには

会では行うことがたくさんあります。気息を充実させる、体の各関節を過不足、負担なく、押せる姿勢を作る。これらの、動作が整うと次の離れにつなげることができます。

 

そこで、充実した会を意識している範士の先生にはある共通となる考えがあります。今よりも心身整った会を実現させるにため、重要になります。ここでは、範士の先生の言葉を引用して、より心身ともに充実した会を行うための考え方を解説していきます。
 
 持満と自満を理解する
やみくもに会で伸びようと体を動かしたり意識しすぎることはかえって力の無駄遣いにつながり、キレイに整った射を崩してしまう可能性があります。

 

そこで、射において会の収まり方の説明した「持満」と「自満」という言葉があります。下に持満と自満の意味を解説します。

 

持満
会において一定の矢束を引き保ち、それ以上引きすぎたり、ゆるんだりせず、離れの時機まで持ち耐える状態をいう。
 
自満
自満は持満の理想的な状態で、持満は意識的に会を保つのであるが、自満は持満の修練によって、無意識に自然に押し引きの力や気息が充実調和して離れの機が熟するのをいう

 

持満と自満は会における収まりの状態をあらわす言葉であるが、この二つには差異がある。会において良く保ち、総身に力が満ちわたり、自然に機が熟して離れるのを「自満」という。
 

この技術に達する順序として、初心の間は意識的に力を入れ、自分の心で保ち満ち伸びることを努むべきで、これが「持満」である。「持満」は意識的であるが、「自満」は自然である。〜浦上範士〜
 
 持満・自満における考え方
持満・自満における考え方で大切なのは「まずはしっかり会で引き収めて耐えましょう」と説明していることです。会で各関節がしっかり収まる時、息合いを整えるとき、気持ちを落ち着けるとき、これらの動きは少ない会の時間で感覚的で同時に起こります。

 

まずは、弓の抵抗力をしっかり押し続けることを行うと自覚することから始まります。これを実行する大切さを実感できないと、弓を引く目的が「的に当てること」になってしまいます。

 

会ではよく長さが評価されます。会が短い人を早気といい、指摘されやすい射癖のひとつです。

 

ただ、会が早い短いだけで良否を判断することは非常に難しいです。なぜなら、待っている間に筋肉がゆるみ、余計なエネルギーのロスを起こしてしまうからです。そのために、時間的な長さではなく、適切な会を体の中の筋肉や関節の収まりに求められなければいけません。

 

あらゆる文献で、昔は強弓を用いられ、会が短かった事実を見ると、会の時間が長い=充実している、持満を実行しているとは言い切れません。

 

会では時間の長さではなく、中の関節がしっかり収まることが大切であると説明している人もいます。そして、その収まるスピードは速い人なら口割りがついた瞬間に合います。早気の人でも離れ鋭く射形が整っている人を見るとそのことがよくわかります。

 

ただ、考え方として弓の射形が崩れてしまったり、離れがゆるんでしまう理由は引き分けと離れの間の姿勢の安定を覚知しないことからも起こり得る可能性があります。そのため、会では関節の収まりだけでなく、気息や心の持ち方も考慮して、
考えなければいけません。

 

持満とは引き満ちて骨を養うことで、筋力のみで引っ張ることではない。その意味において持満も抱えも同じ内容である。
すなわち持満は抱えで、骨の満ち合いであるが、満ち合いは

 

このように自分の体の内的環境を整える意味合いを持たせるために会に「深い」「浅い」という価値観、言葉をつけられたと考えられます。これは、弓術から弓道に変わり、それらの考え方が射学正宗から影響を受けていることにも関連します。
 
  持満を射形で表現するには
まずは、意識的に会で弓の抵抗力にじっと耐える気持ちと押し続ける運動を以て、射を行っていくのが大切です。ただ、持満を実行しようとしても、なかなか難しいです。

 

そのため、射形において会で行わなければいけないことがあります。それは、右ひじを後方に回すことです。これを「しっかり肘が入っている」と表現することがあります。

 


 
このように、脇正面から見て、右ひじが右肩より後方に入っていると持満のときの弓の抵抗力を体で感じることができます。ただ、大部分の人がこれを行うのは困難です。

 

右ひじの位置は左拳に比べて見えないため、位置関係がわかりにくく、さらに右ひじは左拳に接する弓のように接触点がありません。そのため、左拳の押し動作を変えるのは容易ですが、右ひじを動かす動作は困難です。そのため、多くの人は右肘の位置が肩の線と同じになります。
 

 

この位置にあると会における右ひじの位置が非常に不安定になります。肘が前に向けても後ろに向けても弦の加重は手首に集中します。そのため、弦の加重は体ではなく、手首で感じることになります。これでは、会において、弓を押し続ける動作に合わせ、精神、呼吸の安定を求める持満を実現することはできません。

 

そのため、多くの人は会で待っているときに、じわじわと体に緊張感が来ることがありません。むしろ、その緊張感が体の末端部にかかるため、その感覚によって心が動揺します。つまり、会において精神、気息の安定度が下がってしまいます。

 

これらの解決策としては、ひたすら弓を全力で引き続けることのほかにありません。弓を全力で引くとは伸び合い、詰め合といった言葉にとらわれず、あまり腕や手首の形にとらわれず、気持ちの中で大きく引き続けるという気持ちを持つことです。

 

大三のときに手首の向きやねらい目にとらわれると左肩が下がったり左ひじに力が入りすぎてしまいます。すると、右ひじは後方に回らず、会で荷重が腕にかかります。まず、的を狙ったり、射形を整えることより引き分けでどこまでも引き続ける気持ちを持つことが大切です。

 

こういった射における気持ちや精神は動作中での右ひじの動かし方や意識の持ち方が変わります。やがて脇の下の筋肉が押し動作で働くようになり、胴づくりによる背筋の反応が変わることで、弓の抵抗力に対する姿勢の安定度が変わり、
体全体で弓を押し開く射形に近づいていきます。

//

講習会でのお客様の声

お客様の声

メルマガ登録

稽古会案内

書籍案内


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ