引かぬ矢束で注意しなければいけないこと

日置流の教えに引く矢束、引かぬ矢束というものがあり、安定した伸び合える会のためには矢束いっぱいに引くことが大切と説明されました。引かぬ矢束を目指すことが、安定した会、早気を直す射につながっていきます。ただし、この引かぬ矢束の説明で、一つ気をつけなければいけないことがあります。

 

ここでは、引かぬ矢束に行う際に注意したいことを解説していきます。

 

 矢束をとるときに右肩が引けやすくなる

大きく引こうと意識して、矢束をとると会で両腕、胸までの筋肉を活用することができます。ただ、大きく引こうと意識して、右肩がずれる可能性があります。具体的には右肩が後ろに引けることです。

 

 

 

それは、引かぬ矢束を目指すときは、必ず両肩の高さが同じ、あるいは左肩が少し下がり気味になっていないといけないことです。

実は、矢束一杯に引くことは両肩の位置を気にしなければけっこう簡単に引きくことができます。

右手を思い切り手繰らせて、左肩を突っ張らせて引き分けると矢束いっぱいには簡単に引くことができます。なぜなら、右肩に力をかけることができるからです。

さらに、この射は的中率もそこそこあり、会も持たせることもできます。なので、この引き方を矢の線と肩の線から「三角引き」と言われることもあります。

指導者に「お前は引きすぎているよ」と注意されたことはありませんか?矢束いっぱいに引くことが会の目的なのに、引きすぎと注意するのは、引きすぎによる右拳のたぐりをしてきしているのです。

この「引きすぎ」を注意されたとき、三角引きになりかけていると考えても良いでしょう。

この引き方を最初やるときは、指導者には「左肩が上がっているよ」とか「引きすぎだよ」としか言われません。なので、最初はそこを直すことを心がけます。

しかし、この引き方で引かぬ矢束を達成すると、さまざまな障害がでてきます。それは、「右ひじを痛めるリスクが上がること」と「すぐに疲れてしまうこと」です。

左肩を上げて、右肩を下げて引き分けると、会に入ってからは右腕は弓に対しては伸び合えるのですが、左腕は詰まってしまい、伸び合えません。左右対称の伸び合いができなくなります。

会以降で弓の荷重や、働きが全部右に偏ってしまうため、右肘を痛めるリスクが上がってしまいます。

「伸び合い」や「詰め合い」は離れを生み出す手段であり、会において胸の中筋を縦の中心とし、上下、左右十文字に伸び合って初めて縦横十文字の離れが生まれる〜宇野範士〜

 

なので、引かぬ矢束を達成させるには、「両肩の線」を平行にした前提で、矢をマックスまで引き絞るということが前提です。

この引かぬ矢束を達成させるのは、とても困難で、私もこの引かぬ矢束を実現させた射は一日に1,2回程度あるかないかです。

しかし、実現させると、離れもキレイになり、ゆるみもなくなり、キロ数の高い弓でも余裕で引くことができます。

これは、力の問題ではありません。どの方向に、肘を持っていけば、肘がからだの中にキレイに入っていくかという「線」が存在するのです。

昔の弓の達人はみな、これを実現させています。この線に入って引き分けをすると、両肩がぶれずに矢束いっぱいに引けます。

矢束一杯に引きこんだときの右肘の高さは左拳より拳一個分下につくぐらいが適しています。それ以上下がると「三角引き」の形になりかけてしまいます。

矢を引きこんだとき、右肘の位置は、右肘の上に一拳を置いた高さとつないだ一直線が矢と平行になればよい〜浦上範士〜





HOME 当サイトについて 動画セミナー お問い合わせ