伸び合い詰め合いに関係する肩甲骨の働き

会において次の離れをスムーズにつなげるためには、筋肉、関節の働きを正確に理解することが大切です。そこで、会において「詰め合い」「伸び合い」といった言葉がよくつかわれます。

 

「詰め合い」とは「引き分け三分の二」から矢束の残りを引き終わったときを言う。矢は頬骨の下につけ、的は左拳の上に置き、弦は胸につける。この三動作を頬付胸弦という〜

 
この三動作は同時に行われて、直に次の「伸び合い」に移らなければならない。「伸び合いとは」「詰め合い」から離れに至るまでをいい、すなわち「会」である。力が両方に緊張して伸び合うので、この力は矢束の長さとなって現れない〜浦上範士〜

 

ここでは、詰め合のい伸び合いの言葉を具体的に解説し、会における理想の姿勢を把握していきます。

 

 肩甲骨を左右対称に開くように押し続ける
詰め合い伸び合いは弓を引ききった後に起こる現象であり、そこには心的な内容も絡みます。しかし、ここではそういった内容を横におき、筋肉関節の観点で会の状態を正確に理解していきます。

 

会において、伸び合い詰め合いの働きにかかわるのが肩甲骨の働きです。肩甲骨は左右それぞれ前方に押し出すように働きます。肩関節が左右に開く運動と弓弦の抵抗力が相対するため、この現象を詰め合うと表現しています。
 
会に収まったら左右の肩甲骨が両方から詰め合うように全力を挙げて十文字に伸び合う。〜宇野範士〜
 
体が弓に寄せられながら前面が開いてくる(張ってくる)、これによって後面の張りに対して両肩がはまるようである〜神永範士〜

 

その際に、左肩はやや下に伏せ、右肩を少し上に受けても差しさわりありません。これは、左の方が力弱いため、弓の抵抗力に対抗するように、下で受けて強くします。
 
会に入るとき、左肩はやや低く、右肩はやや上肩にして受けるようにし、〜宇野範士〜

 

注意なのは、引こうとして、右肩が後ろに引けてしまうことです。これは、肩甲骨を前方に開くのではなく、寄せるように働かせると右肩が動いてしまいます。右肩が動かず、右拳を動かしてくれば、弦枕を受ける感覚が変わり、右肩、右ひじといった部分で弦枕を受ける感覚を得ることができます。

 

あるいは、左肩が後ろに引けてしまうことです。これは、左拳を早く的につけてしまうことで起こってしまいます。左拳が的につくと、親指かた人差し指の間と左肩上部にいきなり圧力がかかります。このように、早く的につけすぎると、弓を重く感じてしまうため、注意が必要です。

 

上から引き分けて両手が均衡を保ちつつ会に入ってくるが、ガクンと落ちない心づかいが必要で両手の下筋をきかしていかなければならない〜神永範士〜
 
力むのは筋力を主とすることで、これは所々の関節がその正しい位置からずれやすく、肩が上がったり、突き出たり、身体がねじれたりして規矩が壊されるから筋力は最小限にとどめることが肝要である〜高木範士〜

 

このように、左右対称に肩甲骨から押し出すように働かせると、弓の抵抗力がかかっている中で、体の中の筋肉が伸びる感覚を得ることができます。会で弓に押し戻されてしまったら、離れで拳が前に出てしまい、送り離れになってしまいます。十分に矢束をとって大きく引き分けることで、会でさらに中の筋肉を押し続けることができます。
 
として望ましいのは伸びられる会で、これは弓に勝つが、望ましくないのは縮む会で、これは弓に負けるのである〜神永範士〜

 

会において、詰め合い伸び合いを実現させるには肩甲骨の働きを理解する必要があります。肩甲骨を左右に開くように働かせることで、会の状態で体の中の筋肉が伸び、押し続けることができます。

//

お客様からの声

無料メールマガジン:理論弓道

Facebookもチェック
var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; if (d.getElementById(id)) return; js = d.createElement(s); js.id = id; js.src = "//connect.facebook.net/ja_JP/sdk.js#xfbml=1&version=v2.0"; fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs); }(document, 'script', 'facebook-jssdk'));

書籍案内

 


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ