会から離れにスムーズにつなげるためには

会は次の離れにつながる動作です。会で心身ともに充実した状態を会得すれば、次の離れは鋭く力強い離れを実現させることができます。

 

その中で、充実した会を保つための条件があります。ここでは、力強い離れにつなげるための会の条件をいくつか解説していきます。
 
 胴づくりを崩さないように首関節を伸ばし続ける
会は引き分けの延長であり、最終極の状態です。すなわち、充実した会を生み出すには、両腕、胸の筋肉は最大限に働かせ、関節に負担のない状態を形成しなければいけません。

 

そのためには、まず胴づくりがしっかり整っている必要があります。つまり、首を伸ばし、肩を落として頭から足裏までの縦方向の関節に負担なく立たなくてはいけません。

 

その理由は、上半身の縦方向の姿勢にかかわる関節がずれると肩が動くからです。両肩の関節は胸鎖、脊椎、頸椎、足首関節など様々の部位に影響がかかる場所であるため、会における胴は充実した会を生み出す条件となります。しっかりとした胴とは、弓構えから整えた胴の状態を崩さないようにすることです。

 

そのため、胴づくりでは首関節が崩れないようにしましょう。頸椎が崩れるとその下の背骨、腰まで大きく響きます。胴づくりが会の途中で崩れないようにしましょう。

 

各部の骨節もその規矩にはまり、完全に一致して動かざること山のごとく、静かなること林のごとき気配を示す〜松井範士〜

 

 左は左親指根から、右は右ひじ先から押し続ける
縦方向の姿勢を整える関節に負担なく、筋肉も上方に伸ばすことにより、弓の抵抗力に耐えうる押し開く力を出すことができます。

 

このとき、左は左拇指根から、右は右ひじ先から押し続けることを意識しましょう。左右ともに押し開くことで。両肩周りが力み、詰まるのではなく、緊張感が膨らむようになります。これは充実した会ができている証拠です。

 

このようにを左右対称に押し続ける様子を、「応分に働かせる」「筋骨の釣合いをとる」といったように説明しています。あるいは左拳、右ひじ、下腹(丹田)の三点を結び、三角形の無限延長とも表現されています。

 

技の伸張は、弓手右手をそれぞれの約束に従って応分に働かせ、筋骨の釣合を計ることにある。〜松井範士〜
 
引き分けの無限延長境であらねばならない。つまり「大三」より左、右、丹田と三点を結んだ正三角形の無限延長であり、すなわち三足合尖ともいうべきである。〜安沢範士〜
 
 

 

会で行うべきことは頸椎を整えることによる頭から足先(縦の軸)の安定と、両腕を左右対称に押し続けることです。

//

講習会でのお客様の声

お客様の声

メルマガ登録

稽古会案内

書籍案内


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ