左右対称の引き分けにおける両拳の軌道を分析する

引き分け動作は左右対称に押し開くことが大切であり、そのためには両こぶしの力の働かせ方や動きを理解しなければいけません。左右均等に力を働かせるためには、左右の拳の軌道を分析し、実行しなければいけません。

 

ここでは、引き分けにおける左右対称に押し開くための両拳の軌道を分析し、その力の働かせ方を解説していきます。

 

 左右対称に押し開くためには、左拳・右ひじが半円を描くように進む
左右均等に弓を押し開くためには、力加減をそのように収めようと意識しても難しいです。なぜなら、弓を引き分ける運動には「あらゆる要素が詰まっているからです。「胴づくり」「両拳」「両肘の位置」「それぞれの押す方向」「各人の骨格」これらの要素を加味すると、左右対称を心に意識しただけでは現実にはうまくいきません。

 

やはり、物理的に考えて左右対称の動きを分析しなければいけません。ただ、そのように引けたときにはある共通点があります。それは、弓を左右対称に引けたときは左拳・右ひじが半円を描くように動くことです。竹林派ではこれを「鳥兎の梯」と説明しています。

 

「引き分け」の方向は、左拳を左斜に的に向かって押し進め、右拳は右肘関節を中心とする肘の力で半円を描きながら右斜に右肩を添うて引き収める。一直線に引きこむことを好まず、反り橋が良いとしている。
 
古い教歌に「打ち渡す鳥兎(うと)の梯(かけはし)直なれど引き渡すには反り橋ぞよき」

 
とあって、引き分けの際の力の方向を教えている。一本の矢の上に、左右の力が反り橋のように働くことを言うのである。〜宇野範士〜

 

もしも、左右対称に半円を描くように弓を押し開くと、弓についている矢は水平に降りてくるとようになります。弓はまっすぐ押すと真っ直ぐ戻るように働きます。これが弓を持ち、引き分けでの体勢になると、弓はまっすぐではなく、自分の体の方向に寄りながら戻ろうとします。

 

阿波研造に師事され、大射道教を学んだ安沢範士はこれを無限の円成と表現しました。

 

打ち起こしより会に至る精神的運行の調和を図示すると下の二図のようになる

 

 

 

打ち起こし・大三より引き分けの相
丹田を緊張し、物見を定め、映眼(心眼)を以て重視し、会に至らしめ、残身も一貫しなければならない。
 
会に至りたる相
つまり丹田線と大三・引き分け線との合一せる相にして、ここにおいて矢は骨法に則し、無限に後方に円成するのである。〜安沢範士〜

 

このように、絵でわかるとおり、左拳と右ひじの動きは円を描くように動くことが大切で、それが実現すれば矢は水平に降りてきます。この線を通ると、肘や手首に負担がなく、弓を押し開くのに各関節に不正なく、会の理想的な位置まで作られるのではなく、構築されていくように動きます。

 

 反橋のように左拳と右ひじを働かせるには
そのため、理想となる引き分けの軌道を実現させるために、拳をどの方向に働かせる必要があるのか考えなければいけません。ただ、ここで注意したいのが、反り橋のように拳を動かそうと意識してもその通りには動かないことです。

 

その理由は、弓と弦の抵抗力が常にかかるからです。左拳と右ひじをいくら円を描くように動かしてもその間で弓と弦が体に向かうように抵抗力が働きます。そのため、実際に拳を半円を動かすためには、この抵抗力がかかる方向と力を考慮して考えなければいけません。

 

例えば、右拳を半円に描きたいと考えるならば、本当に円を描こうと拳を動かすと弦の抵抗力によって下に下がってしまいます。そのため、実際に自分が拳を動かすときは、円ではなく「真横に押すように」力を働かせます。すると、弦の抵抗力が合わさって自然と右拳は円上を動くことになります。

 

このように、左右両拳が半円を描くように動くためには、結果的に半円になるように方向づけをしなければいけません。
そのため、もっと具体的に「左拳は左斜め上に」「右ひじを中心として右斜めに右肩を添うて引き収める」と表現しています。

 

つまり、両こぶしを半円を描くように動かそうではなく、「結果的に半円を描いて動くために、まず左拳は左斜めに押しましょう。右ひじは右斜めに押しましょう」と説明しています。

 

「引き分け」の方向は、左拳を左斜に的に向かって押し進め、右拳は右肘関節を中心とする肘の力で半円を描きながら右斜めに右肩に添うて引き収める〜宇野範士〜

 

このように、引き分けで左右対称に押し開くには、左拳・右ひじが反橋のごとく円の軌道で動くことが大切です。そのためには、左拳を左斜め上に押して的方向に押しすすめ、右ひじ関節は右斜め上方向に押すことで、半円を描くように進みます。

//

講習会でのお客様の声

お客様の声

メルマガ登録

稽古会案内

書籍案内


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ