体の軸を決めて、左右対称に引き分けを行うには

引き分け動作は左右対称に力に過不足なく行うことが大切です。ただ、そのように言っても、実際に左右対称に押し開くことは至難の業です。

 

弓を左右対称に引くためには、ただ、腕や手先の動きだけ勉強しても行うことはできません。引き分け動作を腕だけでなくあ、胴体の据え方も考えなければ、いけません。ここでは、弓の押し開く動作を左右対称に行うための、胴体の据え方について解説していきます。
 
 胴づくりを行い、足から腕につながるように押す
引き分け動作を手首や肘だけ使って引いていては、手首や肘に負担がかかってしまい、大きく引くことはできません。かといって、腕や手首にとらわれてはいけないとわかっていてもどうしても手先や肘で弓を押し開こうとしてしまいます。

 

そのため、押し開く動作はあくまで、腕だけではなく、胴体や脚も考慮して行われるものと考える必要があります。高木範士の言葉では力の働きは足から生まれると表現しています。

 

つまり、腕や手首の動きは、腕や手首を意識して動かすのではなく、脚や胴体の立つ力が働き、それにつながって腕や手首の動きが現れるものと考える必要があります。

 

左右の力の働きの関係を述べると
A.角見から二方向に働きは通じる。一方は角見→左肘の後ろ下。左上膊の後ろ側に通じ、左肩、左脊中から腰に息、右足の裏へ納まる。他方は矢、弦、?の方向に右肘と釣り合う。

 

B.?からも同様に、一方は?→右肘の後ろ下、右上膊の後ろ側に息、右肩右脊柱から腰へ通じて左足の裏へ納まる。他方は?、弦、弓、手の内の方向に左手とつりあう。
 
これなどの力の働きの統合調和されたものが、これ以後の引き分けー会ー離れを生む原動力となるのである〜高木範士〜

 

このように、足から生まれた力がつながって、腕や手首に伝わることで、胴体が安定し腕が動きます。その動きは腕だけを動かしたような動作ではなく、頭から脚までの縦方向の体の軸を起点に腕が動いているようにも解釈されます。つまり、縦の軸から横の力の動きが伝わるようになります。

 

体の真中の芯が伸びるように両手が降りてくるのであって、両方に伸びる力があるからおろしてくるのが楽なのである。〜神永範士〜

 

このように、弓を押し開く動作は腕を動かす力だけでは左右対称に引くことはできません。左右均等に力配分を行うためには、縦の軸をしっかりさせて、その軸を保つことによって生み出されるエネルギーから腕や手首が動くようにしなければいけません。
 
 よい胴づくりは最適な腕の動きを実現させる
ただ、多くの人は「足から弓を押す力を生み出せ」と言われても到底想像もつかないことであるように思います。しかし、実際はそうではなく、足から腕までは力の働きとしてはつながっています。つまり、弓を引くときに、腕で引っ張るのではなく、足で立つ力を弓の押し開きに活かすことは自然なことです。

 

解剖学的にも、足の筋肉を包んでいる「筋膜」は肩までつながっていると言われます。体の皮膚もアキレス健から肩までつながっています。つまり、腕を使って、ある方向に押そうと思えば当然足の踏ん張る力・立つ力が関連していることはイメージすることができます。

 

試しに簡単な実験を行いましょう。内容は胴づくりによって腕の動きはどのくらい変わるかを確かめる実験です。胴づくりでは、「首筋、背筋まで真っ直ぐに伸ばす」「両肩の無用な力を抜く」「足裏の重心は土踏まずやや前方につける」といった構えを作ります。

 

このときに、足裏の重心を注視します。立つときに土踏まずに体重を乗せることをなるべく意識して立ちましょう。その上で肩の力を抜いて、胸周りを楽にしてみましょう。

 

この状態で、腕を真上に上げてみましょう。すると、両腕ともに楽に真上に上がることがわかります。これは、上半身の重みが下半身にしっかりのり、上体の各部に負担がないからです。

 

次に、足裏の重心を土踏まずではなく、踵においてみましょう。踵においてならば、自然に自分の思う通りに立ちます。この状態で前と同じように両腕を真上に伸ばしてみましょう。

 

するとさっきの立ち方に比べて肩がつまる感じが残るのがわかります。踵に重心を置くと、腕が上げずらくなってしまうのです。足裏の体重の乗せ方が少し違うだけで腕の動きが変わってしまうのがわかります。

 

踵に重心を置くと上体の体重が下半身の後部に乗るからです。これにより、腰回りの筋肉が緊張してしまい、お尻、太もも裏側の筋肉も緊張してしまうからです。その結果、この緊張が肩までつながり、肩が自由に動かなくなってしまいます。すると、腕の力を使わないと腕を動かすことができなくなってしまいます。

 

これは、足→腰→背中→肩→腕といった筋肉のつながりの内、腰→背中の筋肉が緊張してしまい、つながりが切れたと解釈できます。その結果、肩と腕の筋肉を使わないと弓を押し開く運動ができなくなってしまいます。すると、腰が逃げたり肩が左右にぶれてしまったりします。

 

そのため、弓を押し開く運動は腕というより、「全身」「縦の軸をもとに押し開く」といった表現が目立ちます。弓を左右対称に押し開くために「胴」「全身」といった言葉が目立つのは、よき胴づくりを保つことで、足から腕まで押す運動に対して総合して働くからと考えられます。
 
引き取りを要約すると、弓を引くということは全身の力、すなわち総合力で弓を左右に等分に引き開くを言うのであって〜鈴木伊範士〜

 

このように、引き分けは腕だけでなく、胴・足の立つ力をもって押し開くことで、左右均等に動作を行うことができます。そのために、胴づくりを正しく決めることで、足から腕までひとつのつながりを保って押し動作を行うことができます。

//

講習会でのお客様の声

お客様の声

メルマガ登録

稽古会案内

書籍案内


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ