左右対称に弓を引き分けるために「艫と舳の関係」を理解する

引き分けの動作を行うためには、弓を左右対称に均等に押し開くように心がけなければいけません。どちらか片方に頼った引き方をしていると、軸が動いてしまい、狙いがずれてしまいます。

 

そのため、弓を左右均等に押し開くために理想な右拳の働かせ方を理解する必要があります。ここでは、引き分けにおいて、弓を左右均等に押し開く右拳の働かせ方を解説していきます。
 
 船の艫(とも)と舳(へさき)の関係を理解する
船には艫と呼ばれる部分と舳と呼ばれる部分があります。たとえば船の先を、90度に向きを変えたいときに、艫を90度内側に向きを変えると舳の部分は外側に動きます。艫と舳は独立しておらず、どちらかが動けば、どちらかがそれに伴って動く関係を持っています。

 

これを弓道では右肘と右拳の動きと関係しています。拳を艫(とも)、肘を舳(へさき)とすれば、艫が真横に動けば、舳も真横に動きます。艫が真横に動き、自分の体に対して外側に動こうとすれば、舳は勝手に内に曲がろうとします。つまり、肘と拳を真横に押せば押すほど自分の意志ではなく、勝手に肘は内側に曲がることを指しています。

 

 

 

右手の動きは、たとえば船の艫(とも)と舳(へさき)の関係で、拳を艫、肘を舳とすれば、艫が外に動けば舳は内へ動くのである。右手の三指を親指頭に丸めて巻き込むようにし、?の外側の線を外に張って弦枕で弦を押すような具合に外に働かせば、肘は自然に内側(後方)へと働くのである。

 
こうすれば右肩は崩れないで、出会い頭に右拳を迎えて肩をかつぐようになる。〜神永範士〜

 

このように、外側に力を働かせようとすると、弦の抵抗力と相対して弓を押し開くことができます。そのため、左右対称に弾くことができます。弓を左右対称に押し開くためには、常に弦と抵抗力を受けながら、右拳を働かせる必要があります。
この関係を引き分けの動きに応用させると、より大きな、矢束一杯に引き満ちた引き分けができます。

 

 

 

しかし、このように、外側に力を働かせるのではなく、「弓を引き寄せよう」と思って、右拳を自分の体に近づけるように方向づけると弦の抵抗力と力の向きが相対しません。その結果、弦の抵抗力を押し返すベクトルがないため、力や負担が関節に受けます。「手首」「肘」「肩」に大きく負担がかかるようになってしまいます。

 

 

 

例えば、体を引き寄せようとすると、弦の抵抗力(赤矢印)が直接腕や肩にかかります。肩にかかると肩は後ろに逃げてしまいます。これを「三角」「引き肩」と呼ばれており、射においてなると直しにくい射癖となります。さらに手首に力がかかると手先で引くようになってしまい、離れを方しかねるように拳を出してしまいます。

 

そのため、左右均等に弓を押し開くためには、弦の抵抗力を懸け口でしっかり感じて、それと相対するように外側に押し出しいかなければいけません。

 

このように、常に拳を外側に押し出すようにするためには、弓構え、打ち起こしでの動作が大切になってきます。打ち起こしが適切でなければ、拳は外に押すのではなく、体に引き寄せることしかできなくなるからです。

 

まず、弓構えでは、肘、手首を内側にひねることはせず、胴づくりをしっかり整えます。肩甲骨を前方に押し出すように、腕の裏側を張り出せば、自然と脇下の筋肉が張ります。

 

この状態で弓を打ち起こすつ高くあがりやすくなります。なるべく高く上げて右ひじ先を高くします。もし、ここで、右ひじの位置が低いと、大三で右手首に負担がかかってしまうため、外側に押し出す力が働かなくなります。

 

そして、大三をとって、引き分けるときに弦枕で弦を外に押すような気持ちで外に押し出します。高く打ち起こして弓と体の距離が近ければ、弦枕を押しやすくできます。もしも、打ち起こしが遠くて、拳が体と遠すぎると、外側に押そうとしても、押すことができません。結果体に引き寄せることしかできなくなります。

 

弓構えで両腕の裏をしっかり張って、弓を高く伏せ気味に打ち起こしていきます。そして、引き分けで右拳を動かすときに、弦枕で弦を押し出すようにしましょう。すると、拳を外側に力を働かせることができ、それに伴って右ひじが体の後方に回るようになります。大三では、なるべく肘先は流されず、常に外に押すために、肘先を釣り上げるようにしましょう。
 
肘先を後方肩甲骨の後ろへ引き回すように引き分ける〜富田範士〜

 

肘力(ちゅうりき)にて肘先が垂れ下がらないように、張る心持にて引き〜富田範士〜

 

ひたすら押し続けることによって弦で自分の頭の鉢を割るような気持ちが出れば、大きく引き分けることができます。

 

さらに、押し手に関しても注意があります。それは、弓手を下に速く落とさないことです。理由は弓手を下におろすと右ひじも一緒に下に落ちるからです。いくら右拳を外側に押そうと努力しても弓手が早く降りてしまったら、右肘が下に落ちてしまい、右拳は外方向に力が働かなくなります。

 

このように、常に弦の抵抗力に対して、相対するように力を働かせることで「左右対称」に力の押し合いが生まれます。それによって、胴体にずれはなくなります。
 
左手の中筋と右手の中筋とが相対的に張り合い、押引相応じて矢を引き渡せば、弓の抵抗力と弦の抵抗力とが一筋の矢を通して左右両腕の中筋に響いてくる〜宇野範士〜

 

このように、弓を左右対称に押し開くためには、弦の抵抗力と相対するように右拳を働かせなければいけません。「艫と舳の関係」を理解し、右拳を外側に押し出すようにすれば、結果的に右ひじは体の後方に回るようになります。

//

講習会でのお客様の声

お客様の声

メルマガ登録

稽古会案内

書籍案内


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ