弓を負担なく引くには:右拳、右ひじの位置と動きを理解する

引き分けでの左右対称に弓に負担なく押し開くためには、右拳・右肘の働きや位置を理解する必要があります。ここでは引き分けでの右拳・右ひじの働きを説明していきます。
 
 大三で前膊が水平になること
打ち起こしから、大三にはいるときに、弦に引かれて的方向に動きます。このときの右肘の圧力の受け方や位置を理解することで、次の引き分け動作をスムーズになります。

 

ここで、肘から手首の部位を前腕と言い、についている外側、内側の骨を橈骨・尺骨と言います。大三に入り、引き分けにはいるときは、前膊がほぼ水平になるようにほんの少しひねる気持ちを持ちます。

 

右肘から先は「弓構え」「打ち起こし」のときとは異なって、前ぱくの二骨(橈骨、尺骨)のなす面がほぼ水平になるように肘のところで少しひねる〜高木範士〜
 
前膊を内に捻り気味に、弓は照らず、体勢に添い伏さり気味に、肩甲骨から真っ直ぐに拳の先まで伸び合いつつ〜高塚範士〜

 

このようにする理由は妻手により弦がからむからです。打ち起こしで弓を上げるとき、胴づくりでやや前傾の姿勢をとっているならば、弓も体と平行になるため、ほんの少し前傾になります。つまり、弓が少し伏せられた状態になります。

 

弓が伏せられているため、弦もほんの少し伏せられています。つまり、妻手の人差し指側に傾くように弦が存在していることになります。脇正面から見ると、弦は人差し指側に向けてつくため、時計回りに傾くことになります。

 

この状態で、右ひじのところ少しひねると、前腕が地面と水平に向きます。、つまり、前腕は脇上面から見て反時計回りに動くことになります。言い換えると妻手は弦が傾く方向と逆方向に動くようになります。

 

このように、弦が人差し指側に傾く時計回りの回転運動と右ひじをひねって前腕を弦方向に動かる反時計回りの回転が合わさるとより、かけ溝に弦がはまるようになります。よって、妻手を引き分けでより覚知することができ、引き分けの軌道を確かに感じることができます。

 

このように、妻手が内側に向き、弦が外側に動くことで、弦がからみます。弓構え、打ち起こしに比べてより弦がかけ溝にはまるようになるため、大三でしっかり妻手が決まります。このように妻手にしっかり弦がからむと弦の抵抗力をより強く受けられるため、心の中は「かけ溝でしっかり弦を受ける心持ち」になります。

 

これを作為的に手首にひねったり、肘が動いたりすると、伏せられた弓が照ってしまうため、弦が妻手とうまくからみません。すると、親指と弦からなる十文字の位置関係が崩れてしまい、右手首に力が入ってしまいます。さらに手の内においては親指に弓が強くあたるため、左手首・左肩が力みやすくなってしまいます。

 
右ひじをひねりすぎると左手の拇指へ弓が固く強く当たって角見の働きを害する〜高木範士〜
 
肘尻をそのままにして手首だけの所作で位置を替えると、矢を押し出したり、またはしがんだりする〜松井範士〜

 

弦の抵抗力をしっかり受け取ることができないため、力んだ気持ちやひねった気持ちが頭の中に膨らみます。そのため、昔の範士の先生の言葉の中にはかけ溝にしっかり弦を収める感覚を「妻手で弦をしっかり受け止める心持ち」と表現しています。

 

弦に加わる力を懸け口に応えて、かけの紋所を幾分外側へ張り気味に・・・・肘尻で受けながら矢と直線になる心持で〜松井範士〜
 
懸け口はどこまでも紐付けで応える心持で、弦に逆らわぬように、そして肘で受けることである。〜松井範士〜

 

このように、大三から引き分けにかけての前膊は地面とほぼ水平になることが大切です。これによって、懸け口に弦がしっかりはまり、妻手が安定するからです。

 

//

講習会でのお客様の声

お客様の声

メルマガ登録

稽古会案内

書籍案内


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ