初心者用射法八節〜まずはここから覚えよう、プチ理論大三、引き分け〜

「弓構え」「打ち起こし」を行ったら、横線の運動である大三、引き分けと移ります。初心者の方はこの動作で射癖が出ることが多いです。

 

ここでは、「大三」「引き分け」で活かせる理論をいくつか紹介します。

 

大三

打ち起こししてから、まず、左手を体と平行に的方向に移動する、これにつれて右手は肘から折れて左方に傾く。

 

左肘は完全には伸ばさず、少し曲げる

左肘を完全に伸ばすと、引き分けで左腕は突っ張ってしまいます。なので、ほんの少し曲げた状態で大三をとります。ほんの少し曲がっているだけで良いですが、最初はできなくても大丈夫です。

 

右肘は打ち起こしからの高さをなるべく変えない。右拳は額の一個空ける

右肘が下がると、力こぶの裏の筋肉(上腕三頭筋)がゆるみます。大きく引くためには上腕三頭筋肉を活かして肘で引くイメージが必要です。右拳は額の一個程度間隔を空けます。これが近すぎると、引き分けが小さくなってしまいます。

 

引き分け

左手は人差し指と拇指との間で弓の握りを押すとともに右手は肘の力で引っ張り、左右に残りの三分の二を引き分ける。

 

右肘はただただ真横に押し続ける気持ちで後ろに引き続ける

右拳はなるべく力をいれず、右肘を右肩の後ろまで引きつけていきます。最初はなかなかここまでいきません。何回も引いて慣れましょう。動作を覚えてきたら、右肘が自分の右肩より後方まで引きつけられるようになります。

 

このときのポイントは「先に肘を落とそうとしない」ことです。右肘は後ろに押し続ければ骨の長さ、関節の関係で自然に「落ちてくる」ものなので、自分で意識することは肘を真横に押し続けることです。

 

左拳はいきなり的方向に押すのではなく、始めは足踏み方向に押し、徐々に的方向に押していく。

いきなり的方向に押すと、手首に力が入ってしまいます。大三から、真横に押すのではなく、始め足踏み方向(つまりななめ45度方向)に押します。徐々に的方向に押すようにしていけば、手首に無駄な力を入れずに引くことができます。

 

ただ、これも最初はできなくても良いです。動作に慣れて引き分けの軌道を考えられるようになって初めてわかってきます。参考程度に眺めましょう。

 

打ち起こしまで終わったら

左手を体に平行に的方向方に移動させます。これにつれて右手は肘から折れて左方に傾く。弓を3分の1押し開いて大三をとります。
左肘は完全には伸ばさず、少し曲げます。右肘は打ち起こしからの高さをなるべく変えずに、右拳は額の一個空けます。

 

そして、残りの3分の一を引き分けていきます。右肘はただただ真横に押し続ける気持ちで真横に押していきます。慣れてきたら、左拳はいきなり的方向ではなく、ななめ45度方向に押していくようにしましょう。

 

形を直す稽古ではなく、矢束いっぱい引く稽古を心がけましょう

初心者では「矢束いっぱい引ける」射形を目指してください。たとえ手首が曲がっていても、プルプル震えようが、「大きく体を開く」ことを目標に稽古してください。

 

両肩が出ていたり手首が曲がりなどの射形を直す稽古をしていては、大きく引く稽古ができなくなってしまいます。どんな形でも大きく引く稽古をしていれば、後で射形をキレイに見せることはいくらでもできます。

 

射形よりも、弓をいっぱい押し開いてください。そして、復元力を最大限に使って、自分の体の奥底まで伝わる自信に満ち溢れた射を目指してください。

//

講習会でのお客様の声

お客様の声

メルマガ登録

稽古会案内

書籍案内


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ