初心者用、射法八節プチ理論〜、まずここから覚えよう、「足踏み」「胴づくり」

弓道を上達するために、射法八節の内容を理解することは大切なことです。八節の内容をしっかり理解すれば、射形はキレイになります。その結果、的中率は向上してきます。

 

ここでは、初心者でもできる簡単なプチ理論を紹介していきます。これを心がけると、射の技術は確実に向上していきます。

足踏み

左足を的に向かって半歩踏み開き、左拇指球を的の真ん中につける。左足の拇指球と右足の拇指節とを一直線にする。

 

両足の拇指の間隔を自分の引く矢と同じにする。

狭すぎると上半身に力がかかりすぎて、逆に広すぎると下半身に力がかかりすぎるからです。足を自分の引く矢と同じ幅に立つと、どこにも力が凝らない幅になります。

 

両足のつま先は外八文字、60度くらい開く

つま先の間隔が狭すぎると、下半身が引き分け以降ぶれやすいです。間隔が広いと引き分け以降、拇指球に力がかかりすぎます。

 

胴づくり

足踏みの基礎の上に上体を正しく載せ、弓の本はず(もとはず)を左膝頭に置き、右手は右腰骨に収める。背骨を伸ばし、うなじを立て、体を柔らかくして、呼吸を整え、心気を丹田に収める。

 

アゴを引き、頭を10センチ真上に吊り上げるように首の筋肉を上方に伸ばす

胴づくりをするときに背筋を伸ばす人がいますが、大事なのは頭も伸ばし、上半身を一直線にする気持ちで背中を伸ばすことです。

 

頭が前に出ていると、顔向けがしずらかったり、頭の体重を肩で支えるようになり、肩がつまり、背中が曲がりやすくなります。順番でいうと、アゴ引く→首を伸ばす→背中を伸ばす→上半身を真っ直ぐに伸ばすという流れで伸ばしてください。

 

膝の裏を伸ばす

膝の裏をしっかり伸ばし、下半身の力が弓に伝わるようにする。ただし、自ら膝の裏をピンと張るようなことはしません。上半身を一直線に伸ばし、下半身に体重がしっかり乗れば、ひかがみが伸びると考えます。

 

まず、射場に入ったら

揖をして、脇上面に立ち、左足を半歩開いて、的の真ん中につけてください。そして、左足の拇指球先と的をつないだ一直線上に右足をつけて、左右の足幅の引いてる矢の長さまで60度の角度に開きます。

 

次にアゴを引き、頭を10センチ吊り上げてように首を伸ばしてください。首を伸ばしたら、背骨も伸ばしましょう。頭、背中が一直線になったら、下半身に体重がずしっと乗ります。

 

このとき足裏が拇指球やかかなど一部分にのせないようにします。土踏まずの前縁あたりにのせます。そうすると、足裏全体がピタッとつくようになります。

 

まず、射場に入って、「足踏み」「胴づくり」をするときに上記のような流でひとつひとつ体を意識して、取り組んでください。

 

特に胴づくりは気を付けてください。拇指球にぎゅう〜と体重を乗せることを胴づくりと思っていたり、臍の下をななめ下に向けて、下腹部を固くしたりしている人がいます。しかし、その姿勢では、上半身が緊張してしまいます。

 

まずは一個一個心がけている動作を行いましょう

初学人とは弓を扱うことに慣れていません。まず、懸溝に弦をひっかけるところから「はずれるんじゃないか」と不安に思います。

 

そして、弓を高く上げることも緊張してしまいます。そんな状態の人は効率の良い引き方や立ち方などあまり考えない方が得策です。「将来的にそういう体使い、弓の引き方」ができる八節動作を目指してください。

//

講習会でのお客様の声

お客様の声

メルマガ登録

稽古会案内

書籍案内


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ