初心者の効率的な弓道本の勉強方法〜好きなところから勉強していく〜

弓の引き方や的中率を今より上げたい場合、本を読んで射形を勉強をすることは大切です。ここでは、初心者がなるべく早く、実力をつけるための本の勉強の仕方を紹介していきます。

 

「あなたの興味のあること」を勉強する。
本の勉強は、基本「あなたが稽古中に興味を持ったこと」「知りたいと思ったこと」を中心に本を開いて勉強するのが良いです。

 

今の自分の引き方で引き分けを良くしたいとか、手の内は要するにどう整えるが良いのか?と興味を持った事柄から勉強していけばよいです。

 

これは単純に興味を持った内容は勉強したら実践に取り組もうと考えるからです。足踏みから一から学ぼうとすると本で学びたい目的が欠けているため、知識しか身につきません。その結果、稽古中に忘れてしまい、取り入れることができません。

 

弓道の本の勉強の仕方は稽古のモチベーションが上がるように勉強することが大切です。なので、一から順ではなく、その都度興味が出たことを調べてしていくことが大切です。

 

たとえば数学は最初の計算の知識(因数分解や三角比の計算など)がわからなければ、その計算を使った高度の計算はできないです。

 

しかし、弓道の世界では、いろんなところを虫食い形式で部分的に勉強できます。興味のあることを断片的に勉強すれば、ある日実践に結びつけることができます。

 


本の勉強は稽古の補強運動と考える
しかし、弓道の本を理解するためには、「数多く稽古すること」が大切です。人に話す知識がたくさん増えても、射の実力が上がるわけではありません。

 

数学の世界はたくさん知識があればそれだけ多くの問題は解けます。知識8割の世界です。しかし、弓道の世界は知識は2割、実践8割と言っても過言ではありません。むしろ、知識がたくさんあってもそれがちゃんとできていない人はハッキリ言って邪魔な人です。

 

そういう知識や口ばかりが達者で何も身についていない人は知識量が多くても、稽古量が足りません。そうにならないように稽古量がたくさん増えて、できる内容をはっきり説明できるようすることが大切です。

//

講習会でのお客様の声

お客様の声

メルマガ登録

稽古会案内

書籍案内


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ