初心者のための自分に合った引き方を考える勉強法〜一つに意識を絞ると射は向上する〜

射法を行うときはまず、何か引き方を改善、押し方を改善の前に「基礎」をしっかりおさえるということが大切です。

 

そして、本を読んで、結局その知識を射に生かせない人の特徴として「欲張りにあれこれやりすぎる」ということをです。

 

知識ばかり詰め込んで、その言葉の通りに体の位置を決めたり、引き方を複雑にさせてしまうと、自分の体が逆に動かくなくなり、射法に悪影響を与える場合があります。

 

なので、射法の知識を頭に詰め込むが、一遍にやろうとしないことが大切です。

 

例えば、引き分けをするとき、なるべく大きく引くために大三で拳をこの辺に抑えよう。そのくらいの引き方なら大丈夫でしょう。

 

しかし、引き分けでは、伸び合うこと、詰め合うことが大事だと言って、引き分けるときに、とにかく引き絞って体、胸周りを緊張させて、腕ではなく肘で引くと言って、肘を意識したり、狙い目で眼を意識したり・・・

 

いろんなところを変に意識しすぎると逆によくありません。そうすると、かえって体を固くしてしまい、離れで変に引っかかってしまいます。

 

弓道は書かれている内容は最終的に自分の言葉で話すようになれて初めて「できた」と言えます。そのくらい一つの動作を考え、稽古をすれば、意識しなくてもその動作ができるようになります。

 

なので、教本に載っている言葉や指摘された内容は一遍にやろうとせずに一射につき一個のペースで何かを意識して、稽古をすることが大切です。

 

射癖があるなら、あるいは出かけているなら、そういったものを直す、出ないように意識する。ということを意識して稽古をします。

 

一個意識して、何かしらテーマを持って稽古をしていくことが大切です。あれやこれやと考えて稽古することはなかなか難しいです。

 

一稽古一テーマをもって毎日続けていって、どうしたらそのクセがなおるのか?考えてみたり、友達に聞いたり、真似したり、本やDVDを勉強することで、その一つが身につくのです。

 

私は、「足踏み、胴づくり」から押さえるベキところを学んで稽古をスタートし、そこから弓構え、打ち起こし、大三と積み重ねていって稽古をしていきました。

 

他の人に引き分けのときの肘の位置や拳の位置をあれやこれや言われましたが、その言葉は片隅にいれるだけ、足踏み胴づくりが自然とできるまで、引き分け、大三は特に何もいじりませんでした。

 

その自然とえきるというのは当HPに書いてある、「首を伸ばして肩根を落とす」
ということです。足踏みがどんなときでもピタッと足裏がついて踏めるようにし、かつ胴づくりのときに常に伸びている気持ちが出るように稽古をしました。

 

一番、考えたくなるのは「手の内」と「引き分け」だと思います。しかし、手の内、引き分けだけを単独にいじるというのはとても難しいことです。

 

引き分けでこう引くとか、大きく引くとか、いろいろ意識のしかたがあると思いますが、何をやっても上達しない、うまくいかない場合、「その前の動作」を一つ、何かやること、ここがいけないのではと思うところを探して、稽古してください。

 

本やDVDがあると、そういった多角的に考えることは早くできるようになります。
見てるだけとか感覚的に、部分的に引き方をこうとか考えていると、少ない力で弓の反動を最大限に働かせる引き方を身に着けるのは難しいです。

 

//

お客様からの声

無料メールマガジン:理論弓道

Facebookもチェック
var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; if (d.getElementById(id)) return; js = d.createElement(s); js.id = id; js.src = "//connect.facebook.net/ja_JP/sdk.js#xfbml=1&version=v2.0"; fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs); }(document, 'script', 'facebook-jssdk'));

書籍案内

 


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ