射法八節の説明〜執り弓の姿勢、足踏み〜

初心者のための射法八節をまとめました。

 

射法八節
1足踏み、2胴づくり、3弓構え、4打ち起こし、5引き分け、6会、7離れ、8残心(身)

 

執り弓の姿勢
まず、左手に弓の握り革の所を握り、腕に弦をピタリとつけて、右手に矢の射付節を執り、腰の左右につけます。弓の末弭(うらはず)を体の中心線上に置き、床上5センチ程の高さに保ちます。

 

1、足踏み
的心と左足の親指頭と右足の拇指節とを一直線にします。両足の親指頭の間隔は自分の引く矢の長さに同じになります。両足のつま先は外八文字に開きます。

 

2、胴づくり
足踏みの上に上体を正しくのせて、弓の本弭(もとはず)を左膝頭に置き、右手は右腰骨の辺におさめます。背骨を伸ばし、うまじを立てて、体を柔らかくして、呼吸を整えて、気持ちをおへそ3センチ下付近に納めるようにします。

 

落ち着いて、なお下半身がどっしりした状態をつくることは次の活動の動作の大前提になります。上体は左右に傾いたり、前後に反ったり、屈んだりしないよう
真っ直ぐに保ちます。これを胴づくりの心得として「五胴」と呼ばれます。

 

五胴・・・「伏さず、反らず、懸らず、退かず、直なるのを良とする」

 

胴づくりするときにの三重の体構(三重十文字)を意識します。これは足踏みの線、腰の線、肩の線を平行に重ねて、これらの中央を貫く脊柱を正しく垂直に保持します。

 

足踏みして立った時の体の重心は、左脚のつま先と右足の踵を結んだ線と、右足のつま先と左足の踵とを結んだ線の交点上におちるくらいが良いといわれていますが、むしろ土踏まずの前縁くらいが良いです。

 

重心が会、離れの問に前後に移動しないように心がけることです。臍下丹田とか下腹部に力を入れよなどということは無理にすることではなく、下腹部の力が抜けないように、また上半身ばかりに力が入らないようにするべきです。

 

3、弓構え
この中には取り懸け、手の内、物見のみっつの動作が含まれています。

 

取り懸け
懸けの親指の?帽子についている懸け溝に弦を当てて、人差し指の第一関節が矢はずに当たる程度の位置に拳を持っていきます。

 

三つ懸でも四つ懸でも引き始めから離れに至るため、弦と懸け口との十文字を崩さぬことが大切です。弓を引き絞っていくうちにこれが崩れてしまうと筈こぼれしたり、矢口が開いたりして射が失敗に終わることがあります。

 

懸け口の十文字は十分に注意しなければいけません。四つ懸の場合、右手の小指はその付根の関節で、できるだけ手のひらを曲げ、小指の先端に力が凝らないようにします。

 

小指と薬指は別々に動かしにくいので、小指を曲げると薬指も自然に懸の帽子に軽くしっかりおさえることになって、右手の働きが冴えてきます。三つ懸の場合は薬指と小指はしっかり握り締めます。

 

矢番え
矢を弓に対して十文字になるようにつがえます。これで,筈の方が上がり気味、下がり気味にかけると、矢の進行に障りが出るので注意します。

 

取り懸けの際の懸の捻り具合は人差し指の側面を矢幹に軽くかたむけかかる程度に圧するのが適度で、人差し指に力をいれてはいけません。

 

捻りすぎると矢を強く圧し、それにより、箆じないが出ます。、又ひねり少なければ平付になって矢口が開き、矢こぼれが生じます。

 

手の内
弓構えの弓の握り方は、中指以下三指をぴったりつけて、その第三関節を弓の内竹の右角にあてて、弓を軽く握るが、手首をやや外片にして、右手と相対するようにします。

 

人差し指は中指の上に軽く重ね、手首を少し、起こし、その胸の中筋が、握っている中指に一直線になるようにすると、弓と直角になります。これを手の内の十文字と言います。

 

手の内は弓をかたく握らないことが肝要です。

 

物見
頭持(ずもち)といって的を見るために左方をむけた頭の向き具合によって、弓を引く姿勢に狂いを起こさないおゆに正しく顔を的に向けることです。頭持が悪いと狙いにも狂いが生じます。

 

弓構えの際の用語に弓懐(ゆみふところ)というのがあります。弓を握った左腕えお弦にかけた右腕とで囲む空間が緩やかな楕円形をなすことです。

 

掌心は手の平の中央くぼんだ所をいい、掌根は、小指の第一関節の内側よりやや手首におよった肉の厚い部分を言います。

//

講習会でのお客様の声

お客様の声

メルマガ登録

稽古会案内

書籍案内


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ