引き分けをしやすくする「平たいA型」打ち起こしとは

適切な打ち起こしを行えば、弓を体に負担なく引くことができます。その中で、打ち起こしはなるべく高く上げることが良しとされています。

 

しかし、高く打ち起こしをしようとしてもなかなか上手くいかないことがあります。肩関節が上がってしまったり、腕が伸びきってしまったり何かと弊害が起こってしまいます。

 

そこで、教本第二巻の神永範士の説明より、打ち起こしを高く上げなくても、次の引き分けと適切に行える方法があります。ここでは、高く上げなくても次の引き分けに負担なくつながる打ち起こしの仕方を解説していきます。

 

 平たいA型、縦のA型を理解する
肩関節が上がらず、かつのちの引き分けをしやすくする打ち起こしの方法として「平たいA型、縦のA型」の教えがあります。

 

これは、打ち起こしのときの高さはあまり上げず、頭より少し上くらいにして、両腕前ぱく(肘〜手首の間)を高く上げるように打ち起こす方法です。

 

両肩が浮いて体が反らないように前ぱくをなるべく高くする。〜神永範士〜

 


前ぱくをなるべく高くして打ち起こしをすると、前から見ると両拳のなす角度平たいA型になります。反対に前ぱくが張られていないと縦のA型になります。

 

このように、額くらいの高さでも、前ぱくが高ければ、次の引き分けがしやすくなります。なぜなら、平たいA型になると、肘の外筋が張られるからです。これが引き分けのときに働き、肘が後方に廻るような収まり方をします。

 

逆に縦のA型になってしまうと、引き分けのときに肘が下がってしまう(エレベーターと呼ばれることもある)可能性があります。この打ち起こしであれば、両拳は頭より少し上くらいの高さで済むので、肩関節を上がらないです。

 

なお、この打ち起こしも高く上げる打ち起こしも共通しているのが肘を高い位置にとることです。肘の位置を高くとることで、次の大三、打ち起こしでこの打ち起こしの仕方も大三、引き分けもやりやすいです。

 

 外側の張りからの大三の動作が斜面打ち起こしの終局と似ている
このから大三を取ると、腕の外側の筋肉の張りを感じつつ、動作を行えます。それは斜面ときの打ち起こしとよく似ています。

 

神永範士の打ち起こしは拳の高さは額より拳一個分くらいとどめて、肘の外側を張ります。この張りを持たせたまま大三に移ります。そうすると、弓手だけ動かす形になり、右拳は自然と日か荒れて額より拳一個くらい空いた位置に止まります。

 

この形は斜面打ち起こしの完了したときの構えと非常に似ています。

 

斜面に打ち起こしたとき、左右両拳の高さはほぼ水平で、矢の向きと体の向きとは平行をなし、矢先は的に向かい「水流れ」の程度に下がるのが良い。〜宇野範士〜
 
的は左肘の左側に見定め、右手は突っ張らず、右拳は額の辺にとどめる〜宇野範士〜

 

斜面打ち起こしは最初から押した状態で打ち起こしがスタートするので、当然高くあげることは難しいです。ただ、すでに手の内が入り、腕の外側の筋肉を働かせているので高く上げる必要がないのです。

 

斜面打ち起こしと平たいA型の打ち起こしを実践したのちに大三を取ると、両者とも動作中に働く筋肉が非常に似ています。そのため、打ち起こしの動作として、理にかなった動作であると考えられます。

 

斜面打ち起こしでは左肘と右拳の位置がだいたい決まっていて、左肘は的が乗るくらいにし、右拳は額より拳一個程度開けます。この結果も、正面打ち起こしの大三と同様であるため、打ち起こしは高さ関係なく、引き分けの押し動作を行えることがわかります。

 

斜面で打ち起こすときは三分の一押し開いたまま、静かに打ち起こし、左手は左肘が的が乗るくらいに支え、右手は前面から額が見える高さに保つ。〜浦上範士〜

 

ただ、平たいA型の打ち起こしを実践する上で注意点があります。それは、横に押し続けることです。高い打ち起こしは引き下ろしながら大三を取るのに対して、平たいA型は両肘を真横に押し続ける意識で弓を押し開きます。

 

この意識が途切れると、結局右手首が曲がってしまったり、肘が落ちてしまったりいくつか障害が起こってしまいます。そのため、打ち起こしが低くなって力の方向付けが変わっても押し続ける意識は次の会、離れに重要になってきます。

 

このように、前膊を高くし、正面で平たいA型をけすることで、低い打ち起こしでも弓を引きやすくすることができます。

//

お客様からの声

無料メールマガジン:理論弓道

Facebookもチェック
var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; if (d.getElementById(id)) return; js = d.createElement(s); js.id = id; js.src = "//connect.facebook.net/ja_JP/sdk.js#xfbml=1&version=v2.0"; fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs); }(document, 'script', 'facebook-jssdk'));

書籍案内

 


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ