打ち起こしの動作をスムーズにする「左横打ち起こし」とは

打ち起こしには、正面打ち起こしと斜面打ち起こしと二種類あります。いずれも、各流派で発展し、主流となった弓の上げ方です。現代弓道でも広く定着してきた動作です。

 

ただ、教本三巻きを見ると、もう一つ打ち起こしの仕方があります。それは「左横打ち起こし」と呼ばれるものです。これは、弓道連盟が発足し、少ない期間であるが取り入れられたもので、「中間打ち起こし」と呼ばれます。

 

ここでは、あまり知られていない左横打ち起こしの射法について、理解を深めていきます。

 

 横打ち起こしのメリット、デメリット
左横打ち起こしとは、その言葉通り、左拳を左ななめ前に動かしながら打ち起こしを行うことです。イメージでは、正面打ち起こしと大三の動作を一度に合わせて行うもので、

 

これについては、賛否両論がありました。すでに正面打ち起こしや射面打ち起こしが確立されていたため、「効率が悪い」「合理的でない」といった言葉が目立ちました。

 

「正面より徐々に引き分けつつ左斜めに上ぐ」ということは良い法とは言われない。なぜならば、引き分けつつ左斜に上げるということは、非常に力を要するのみならず、左斜め前方における平行四辺形の打ち起こしを、さらにまた次の引き取りにおいて引き分けつつ引き下げるということは逆法も甚だしく、合理的な射法でないと思う〜鈴木伊範士〜
 
正面打ち起こしを支持している人は、両腕、胸を楽に上げるのが合理的と説明しました。ただ、こういった発言に対して左横打ち起こしの有効性を説いた先生もいました。
 
打ち起こしの場所というのは、そこから引き廻して、同時に会に入るに都合のよい点であらねばならない。ゆえに、体質的に左手の弱い人は、左を助けるために左よりであってよいはずだが、何れにしても左斜上が便宜適法の場所たることに間違いない〜祝部範士〜
 
 横打ち起こしの優れている点
この横打ち起こしが優れている点は「大三で右ひじが力みにくい」ことです。

 

正面打ち起こしの場合、左拳の位置が大きく変わるため、手の内の入り方や右肘の張り方など、いろいろと難しい点があります。その中に、右ひじの張り方があります。

 

多くの人は、打ち起こしで弓を挙げたら、両腕を一度とめます。そこから運動を変えて左拳を真横に動かそうとします。15センチも真横に動けば自然と右ひじ回りに力がかかります。

 

ここで、うまく右拳が引かれるように動けば問題ありませんが、大部分の人は右ひじを必要以上に張ったり力をこめすぎてしまいます。それは、打ち起こしで左拳が一度止まるからです。動作が連続していれば力がジョジョにかかってくるので、緊張感は高まりますが、力ませようとは思いません。

 

これが、急に拳が動いて力がかかると筋肉を力ませようとします。つまり、動作が流れるようにできないのです。

 

よく、大三では「どこまでも上に伸び続ける心持ち」であったり大三で「完全に止まるのではなく、中の状態は連続しつづけていなければいけない」など、射において気持ちや筋肉の活動には「連続性」を求められます。しかし、正面打ち起こしは動作が静止する段階が二つあるため、この意識や心構えを構築するのが困難です。

 

そのため、正面打ち起こしであっても、そのような感覚を得るためには押し方を物理的にかえる必要があります。斜面打ち起こしでは、弓構えの段階で矢束3分の一押し開いてから打ち起こすため、すでに押し続ける動作が行われます。一方、正面打ち起こしには、このように「続ける」動きがありません。

 

そのため、打ち起こしときに、左斜めに押し続けながら上げることで動作の連続性が保たれます。このように、押し方を変えることによって、常に筋肉を働かせることができ、力学的にロスのない、運動を行うことができます。

 

正面党の人が肘力を引き取りの第一節と思いつめているものだから、ただ右手を残し、15センチ開いたはずの肘力に、すでに気合いをこめ過ごして、力味勝ちになるものの多いのは、いくらかは観念の持ち方に支障があるのではないか。

 

ただ、左上に移すだけだから、宜しく軽く運ぶべきものであることは、左横の人が静かに軽く弓を持ち上げる気持ちと同様であるべきである〜祝部範士〜
 
このように、打ち起こしには正面・斜面以外に「横打ち起こし」と呼ばれるものがありました。左拳をななめ上に上げながら打ち起こすことで、動作の連続性が保たれ、スムーズに弓を押し開くことができます。

//

講習会でのお客様の声

お客様の声

メルマガ登録

稽古会案内

書籍案内


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ