打ち起こしの適切な高さを理解する

打ち起こしは次の引き分けを適切に行うために、重要な動作です。打ち起こしで腕や肩に負担なく行うことができれば、次の引き分けで弓を大きく押し開くことができます。会が充実し、鋭い離れを出すことができます。

 

その中で、打ち起こしの高さが重要になります。打ち起こしの高さによって、次の引き分け動作が負担なく行えるかが大きく関わるからです。ここでは、範士の説明を引用して、打ち起こしの適切な高さを解説していきます。

 

 上げられるだけ高く上げることで打ち起こしが完成する
打ち起こしを上げるとき、高さが小さいとあまり良い方向に進みにくいです。上げるときは、自分の上げられるだけ高く上げるようにします。

 

まず、打ち起こしの最低限必要な高さは頭より少し上くらいです。なるべくこのくらいまでは、肩も一緒に上がらないように、楽に上げられるようにします。ただ、ここで止めていると慣れてきたらどんどん打ち起こしが低くなってしまい、後で悪い影響が出てしまいます。

 

骨格体格関係なくそこから、肘だけ引き上げるようにすると、もっと上げることができます。このように、打ち起こしはどこまでも上げられる気持ちを持ち、なるべく高く上げるようにします。

 

できるだけ高く上げるようにし、体全体が足の裏に向かって一本棒になって、地中へ沈んでいく気持ちが出るようにすることが大切である〜高木範士〜

 

教本には、打ち起こしは肘の角度が床に対して45度と書かれています。これはイメージでいうと、「こんなに上げるのか」と感じるくらいが45度です。
 
これだけ高く上げると、右腕の前膊(ぜんぱく:橈骨、尺骨)の平面が大三で右斜めに向きやすいです。つまり、手の甲が右斜めに向きます。この角度から引き分けを行うと、弦が妻手にからみやすくなり、かつ右腕の裏側の筋肉が働きます。

 

もし、打ち起こしの拳の高さが頭くらいの高さだと、大三にはいるとき、右前ぱくの表面は地面と平行になります。つまり、大三で手の甲が上に向きやすくなります。

 

この状態で引き分けると右肘が体の右後方に回りにくく、縦にしかおりません。すると、引き分けが小さくなったり、手首が曲がりやすくなります。そのため、離れがゆるんだり送ったりしてしまいます。

 

そのため、高く上げられなくても、「前膊だけ」でも高く上げなさいという教えがあります。

 

正面に打ち起こした場合の位置は両肩が浮いて体が反らないようにつとめ、前膊はなるべく高くする。〜神永範士〜

 

さらに、高く上げるときにいくつか注意点があります。それは、弓と矢です。弓に関しては、体と平行に、矢はほぼ水平にしましょう。弓が体と平行にならないと、大三で手の内が入りにくくなります。

 

矢が水平になっていないと、肘が大三で伸びきってしまう可能性があり、左右対称に押し開くことができません。そのため、弓と矢の位置関係をしっかり理解しておきましょう。

 

打ち起こす際は上下の鉾が前後せぬよう真っ直ぐに、体と平行になるのが良い。〜千葉範士〜
 
矢は水平に、両腕は平行にしてゆるやかに、右手懸け口は弦の含み充分に、矢筈に無理な力がかからないように上げることが肝要で〜松井範士〜

 

打ち起こすとき、左右の両拳は平らであるべきだが、矢はほぼ水平で、むしろ矢先がやや下がる程度が良く、弓全体が左にも右にも片らぬように身体の真全に打ち起こす〜高木範士〜

 

左右の両拳、両腕は丁度両鏡相対して雑影のない合わせ鏡の気持ちである〜神永範士

 

このように、打ち起こしを高く上げられるだけ上げることで、次の引き分け動作を行いやすくなります。

//

講習会でのお客様の声

お客様の声

メルマガ登録

稽古会案内

書籍案内


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ