物見が崩れてしまうと、上半身全体が崩れてしまう

物見は、顔を的方向に向ける動作です。ただ、多くの人は顔を的に向けるだけで終わっています。なぜなら、多くの人は物見は的を見る作業と思っているからです。

 

しかし、物見は弓を引く上で重要な意味を持っています。ここでは、物見が射に与える影響をもう詳しく解説していきます。
 
 物見が傾くと上半身全体が傾く
物見動作が適切に行われないと、射に大きな影響が出ます。その中に「胴づくり」があります。物見が適切に行われないと、上半身の姿勢が弓を引いている最中に傾いてしまいます。

 

目立って出てくるのが「左肩」です。顔をしっかり向けていないと、左肩から腕の裏側にかけての筋肉が伸びずらくなり、引き分けの最中に肩が後ろに逃げやすくなります。

 

顔の向き加減が首筋の筋肉が十分に張られていないために、左肩が動きやすくなってしまいます。これは太っている人ほどどうなりがちです。そのため、注意が必要です。
 
太ったアゴの短い人は多くは頭の向きが不足でアゴも上がりがちで左肩が締りにくい〜高木範士〜

 

次にやせている人の場合は、顔が向きすぎて顔が体の前方に傾きます。すると、両耳が左右対称の位置にならなくなり、平衡感覚に影響が出ます。その結果、上半身の姿勢が崩れてねらい目に影響が出ます。
 
痩せた顎の長い人は頭が左に曲がりすぎて右頭頂部が体の前方へ突出して顎が下がり、左肩が突っ込みやすくなります。〜高木範士〜

 

矢を迎えるためか、首の大筋(乳しき胸鎖筋)が前傾して、頭を前に差し出した失敗姿勢を非と知らぬ人もいるようである〜祝部範士〜

 

これらの欠をできるだけセーブしつつ、物見を行うようにします。

 

的を見る眼は日置流では目じり、目頭といって、左眼の瞳は目じりに、右眼の瞳は目頭にあると定めている。〜浦上範士〜

 

右目で的を見ると、引き分け、大三で目線が的以外のいろんなところに散りません。右目は的を見ているので、そこから目線を弓手に移したりすることは非常に困難です。

 

物見を定め、首筋が真上に上に伸びるくらい張られていると、この首筋の筋肉の張りにより、左肩が自分の体の前方に行きにくくなります。

 

これは、首筋を張ると、左胸筋も自然と張りが出ます。ここに張りが出ると、左肩が引き分けのときに動きにくくなります。これが私を物見を入れる最大の理由です。

 

私は十数年弓の稽古をしていますが、自分の射形を体の前にある鏡で確認をほとんどしません。ここ数年は一度もないと言っていいくらい。物見を入れたらもう目線をそっちに向けないです。

 

打ち起こしのときに自分の射形を鏡で見て確認する人がいますが、その射形は顔を的に向けた瞬間に崩れる可能性が非常に高いです。

 

なので、物見を入れたら、もう自分の射形は見ない気持ちはもちろん、的にしっかり目線を集めて、必要以上に目線が動かないこと、左肩を動かさないために、行うと射の向上につながっていきます。

//

お客様からの声

無料メールマガジン:理論弓道

Facebookもチェック
var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; if (d.getElementById(id)) return; js = d.createElement(s); js.id = id; js.src = "//connect.facebook.net/ja_JP/sdk.js#xfbml=1&version=v2.0"; fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs); }(document, 'script', 'facebook-jssdk'));

書籍案内

 


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ