手首が曲がりにくく、弓を正確に引くための取り懸け方

取り懸けは弦の押される力を受け取るために拳の形を作る動作です。そのため、弓構えでしっかり形を作ることが大切です。

 

しかし、ここでわからない場合、取り懸けをただ指と指をそろえるだけで終わってしまいます。すると、大三から引き分けに入って弦に引かれたときに右拳の構造が壊れてしまいます。その結果、離れが緩んだり拳が前に出てしまったりします。

 

そこで、取り懸けでの指の整え方をまず範士の先生のやり方からまねることが先決です。それにより、拳の構造が壊れにくくなり、弦の荷重をしっかり受け取ることができます。ここでは、取り懸けでの弦の押しが安定する右拳の作り方について解説していきます。

 

 小指、薬指を巻き込み、腕と拳が一体になった取り懸けを理解する
弓構えでは、弓懐を取ります。ここで、腕が前方に動きます。ここで少し動かし方を変えると、取り懸けで変に右手首が曲がりにくい構造を作ることができます。

 

それは、小指と薬指を巻き込むように動かすのです。弓懐で適度に曲がった肘先を外側に張り出すように、小指薬指を外側から中を巻き込むように握ります。

 

もうすこし説明すると、「拝む」動きを想像してください。拝むとき、手を合わせるとき、人差し指、中指、薬指、小指、と順に流れるように動き、自分の顔の前に手を持ってくるでしょう。

 

スポーツで例えると「卓球」でボールを返すとき、フォアハンドで返す時に手首を返すでしょう。あのように、手首を返す動きに似ています。このように、小指を薬指を巻き込むように取り懸けると、自然と親指の上に乗ります。

 

 

このように、ただ、指を乗せるのではなく、小指薬指など別の指を使って巻き込むように手首を動かします。薬指を握ると自然と中指が曲がり、さらに巻き込まれます。これにより、親指に引っ掛けるときに指の第二〜第三関節付近に取り懸けることができます。
 
三つ?又は諸?(もろがけ)の場合は右拇指のはらに弦を当て、自然に曲げて、その拇指頭を中指(付根)の第二と第三関節のあたりでささえ、さらに人さし指をそえる。〜千葉範士〜

 
四つ?の場合は右拇指の第一関節(付根の)をおさえて伸ばし、拇指頭をそとに突っ張ってそのつま先に薬指(付根から)の第三関節のところをかける。中指は薬指にそうてかるく拇指にかける〜宇野範士〜

 

そうして、巻き込むように取り懸けたとき、手首の曲がりが矯正されます。巻き込むように取り懸けると、右手首の外側、腕の外側が一直線に伸びます。これによって、腕と手首が一体になった右拳が完成します。この状態で引き分けを行うと、右手首が曲がりにくくなるため、矢束一杯に正確に引き収めることができます。

 


もし、手首と腕が一体になっていなければ、手首と腕は別々に動くようになります。すると、引き分けで手首が動きすぎてしまい、不要な向きに曲がりやすくなります。その結果、たぐりや離れがゆるむといった癖が生じる可能性が出てきます。

 

 

人差し指、中、薬指の3本を組ませて指つなぎをして一枚と見て、指先から丸く曲げて拇指の上に薬指の第三関節の曲がり場所が乗る場所が乗るように下筋を伸ばし、三指を上げて懸ける。〜神永範士〜

 
腕関節の尺骨側と手の甲とを少し伸ばすようにし、手首を腕関節のところで、ほんの少し拇指側に曲げ、拇指はゆがけの帽子の下で幾分反る気持ちでフンワリ伸ばす。〜高木範士〜

 

 

このように、取り懸けは指だけをただ動かすのではなく、小指と薬指を巻き込むように取り懸けてみましょう。手首が曲がりにくくなり、引き分けを正確に行うことができます。

//

お客様からの声

無料メールマガジン:理論弓道

Facebookもチェック
var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; if (d.getElementById(id)) return; js = d.createElement(s); js.id = id; js.src = "//connect.facebook.net/ja_JP/sdk.js#xfbml=1&version=v2.0"; fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs); }(document, 'script', 'facebook-jssdk'));

書籍案内

 


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ