引き分けで重要な脇下の筋肉の働かせる弓構えとは

弓構えは弓を引くための準備動作であり、適切に行うことで、体に負担なく弓を押し開くことができます。その結果、両肩の位置や離れのぶれが少なくなった、的中を多く得ることができます。

 

その準備動作を行う上で、大切な筋肉があります。それは、脇下の筋肉です。この筋肉をうまく働かせれば、弓を押し開く動作を体に負担なく行えることができます。教本第二巻の神永範士は脇下の筋肉を働かせる弓構えをうまく説明をしています。

 

ここでは、神永範士の弓構えの動作から、脇の下の筋肉を働かせる弓構えの取り方と解説していきます。
 
 肩を落として肩甲骨を開くように弓懐を作る
弓構えで脇下の筋肉を働かせれば、打ち起こしと引き分けでも脇下の筋肉が主となって活動します。これによって両肩がぶれにくくなり、かつ押し開く動作がしやすくなります。そのため、弓構えで脇下の筋肉を働かせる構えが重要になります。

 

まず、胴づくりで背中をまっすぐにする「項を伸ばす」「肩を落とす」動作を行います。この姿勢を作って、弓の本弭を左ひざにつけ、取り懸け、手の内動作で両拳を体の中央前方に置き、弓懐が形成されます。

 

このとき、胴づくりでの肩を落とす動作によって、脇下の筋肉が張られます。そして、弓構えで肩甲骨を外側に広げるように、肩をななめ前方に開きましょう。すると、脇の下がピンと張る心持ちを保ったまま、弓懐を作ることができます。
 
うなじを伸ばし、下がった両肩を八文字のように足踏みの向きに開く気持ちで備える。〜神永範士〜

 

この姿勢を保ったまま、打ち起こしを行います。すると上に上げやすくなります。脇下の筋肉が働くと肩が上に上がりやすくなるからです。そして、引き分けを行います。高く上げた右ひじを大きく開くように動かすことができ、「引きがい」が出るのがわかります。
 
脇の下の筋肉を働かせると、力こぶの筋肉の裏側にある上腕三頭筋肉が働きます。これにより、弓を押し開きやすくなり、体に負担なく引くことができます。
 
なお、この肩を前方に開く動作は弓構えの最中、終始一貫行うようにします。すると、常に脇下の筋肉が張られ続けることを体感できます。すると、気持ちが弓を引くぞ、という押し開く動作に対しての意志が強く働きます。気合が入るように弓構えで弓を押し開くための気持ちを構築することができます。
 
弓構えは弓を射んとする最初の構え方であるから、ここに百折不撓の気構えが必要であり、一歩も引かぬよいう不退転のねばりと飽くまで戦うところの敢闘精神が満ちていなければならない。〜神永範士〜
 
 適切な弓構えができたかを確認する方法
このように、脇下の筋肉が働けば、弓を引く準備動作がしっかり整います。そのため、自分で適切な弓構えができているかどうかを確かめる必要があります。ここでは、脇の下の筋肉が働いた状態の弓構えを確認する方法を紹介します。
 
 ・自然と「羽引き」が起こる
肩甲骨を開くように、肩を前方に押し出すと、自然と両こぶしの間隔が広がります。その結果、矢を1センチ程度引いた形になります。これを「羽引き」といいます。羽引き動作が故意に拳を動かしてするのではなく、肩を前方に出すようにして自然と起こるようになれば、脇下が働く弓構えができているといえます。
 

項を伸ばし、下がった両肩を八文字のように足踏みの向きに開く気持ちで備える。其の余波が自然に羽引きとなる。〜神永範士〜

 

 ・腕が垂直に立つ

肩をななめ前に張り出すと、腕の裏側の筋肉が働くため、腕の向きが変わります。腕の裏側の筋肉が働いていないと肘から先の腕(前腕)はななめあるいは上に向きやすいです。この構えでは、引き分けで腕の裏側の筋肉が働きにくくなります。

 

そこで、肩を前方に張り出すようにすると、腕の裏側が張ります。すると、前腕が縦に向きようになります。すなわち地面と垂直になります。このように、脇の下の筋肉が適切に働けば、腕が垂直に立つようになります。

 

前膊の二骨(橈骨・尺骨)のなす面が地面とほとんど垂直に近く交わるように、肘のところを後ろ外へ内からわずかにひねる心持ちでひねり伸ばすようにする〜高木範士〜

 

このように、弓構えでは脇下の筋肉を働かせることが重要です。肩を前方に押し出すように構えれば、脇下が張る心持を得ることができます。

//

講習会でのお客様の声

お客様の声

メルマガ登録

稽古会案内

書籍案内


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ