弓構えでの抽象的な文章から、適切な腕と上半身の状態を理解する

「弓構え」は弓の上成節が体の中心に、弓の元はずを左膝頭に置き、?で弦を取り懸ける動作です。「弓構え」は射の活動に移る準備動作です。

 

かつての達人たちは弓構えはこう説明しています。
 
右手の「取り懸け」によってはじめて左右が結びつき、弓と矢と体とがひとつのつながりとなる。これを竹林派では古来陰陽の和合といい、左右両方からよりあうことを主眼としたのである。〜宇野範士〜
 
「取り懸け」によって結びついた左右両腕の形は、丸い輪形でなければならない。輪は和に通じ、これが和の初めである。〜宇野範士〜
 
「弓構え」はゆるやかな円相を主眼とし、弓矢を持ったという固い感じではなく、自分の体の一部分で体に付随しているものという感じが良い〜千葉範士〜
 
すなわち、弓矢も天地の一部分で、天地人と一体になり、人体も大木と見れば、丁度その大木に良い枝振りの枝がスゥーとできた感じであって、木に竹をついだような、ギコチない感じであってはならない。〜千葉範士〜

 

弓構えで「古来陰陽の和合」「輪が和に通じる」「自分の体の一部で体に付随している」「大木に良い枝振りの枝がスゥーとできた感じ」。と書かれていますが、これらの抽象的な文章には、弓構えで重要な腕の働きが示唆されます。

 

ここでは、範士の弓構えの説明から、射の技術を向上させる両腕の力の働かせ方を解説していきます。

 

 手で握るのではなく、体で握るという体の使い方
まず、千葉範士さんの弓構えの説明です。

 

「弓矢を持ったという固い感じではなく、自分の体の一部分で体に付随しているものという感じが良い」

 

というのはどういう弓構えの仕方でしょうかこの文章に出てくる。大木を「自分の体」、「枝を自分の腕」とします。そうした状態で、首の後ろを伸ばし、両肩を落とします。胴づくりを行うことで、自然と上半身の無駄な力みがとれます。

 

このとき人間の体は全身の緊張が緩んでいる状態になり、腕や手首など一部分に力やこりのない、どこも滞りのない構えができあがります。

 

この状態で弓を握るという動作を行うと、当然掌や手首に必要以上に力を入れて弓を握る必要がありません。掌を丸くして、小さな空間ができるくらいにして、そこに弓を包み込むようにしてあげると自然と弓を握った形、弓構えの形になります。

 

指の末端に力を込めないようにし、左の拇指と人差し指との間(虎口)で受ける気持ちで握るようにします。
 
右手も?(かけ)の帽子を堅く掴まず、指先に力を込めないで、手心(たなごころ=てのひら)全体で丸みを持たせて、しっかりと軽く、フンワリと取り懸けるのである。〜高木範士〜

 

このように、上半身も手先にも力が入ったいない姿勢で弓を握れば、それは「手で握った」という表現になるでしょうか。手で握るのなら手に部分的に力を入れて握らないといけません。上記のように上半身をゆったりさせて弓を握る運動は見た目、形は弓構えの形になっていますが。中の筋肉は「握る」という働きをしていません。

 

この場合、手はただ弓を通しての媒介物にしかなりません。それより、その手首は肘につながって、肘は方や脇、胸鎖関節周りの筋肉が働き、それが「肘」「手首」に伝わっているともいえます。つまり、「弓は手で握られているのではなく、もっと手より体の奥の筋肉の働きによって、握られていると言えます。

 

つまり、手で握っているのではなく、体で握っていると表現、解釈することができます。

 

このように、上半身の無駄な力みをとった姿勢から出た両腕には、握る力が働いていません。その状態で弓が手の中に包み込まれるように位置されているなら、それは手ではなく体で握っていることになります。そして、この姿勢を構築しているのは、上半身の骨ではなく、地球上の重力など自然の力が働いたともいえます。

 

つまり、弓を握っている腕は腕ではなく自然な上半身から生まれたものと解釈され、またその上半身は自然の力によって生み出されたとも解釈されます。これを自然ではなく「宇宙」や「自然の力」と表現することもあります。禅の世界では、このように、姿勢や握り方は地球上の自然の力が作用して生み出されたものと表現することがあります。

 

人間は物を握るとき、手で握って部分的な力で物を握ることができますが、力も握る動きがわからない赤ちゃんでも物を握ることができます。それは手で握っているのではなく、体の中の筋肉を働かせ、腕、手首を通じて、物を包み込んでいるだけです。

 

このような考え方は胴造りで上半身の無駄な力みをとることで実現させることができます。

 

 弓構えの陰陽和合の話
陰陽和合の弓構えは尾州竹林の弓術書から来ているものと考えられ、鳥兎のかけ橋と言われています。

 

左手は鳥、または自然に例えて陽と表現し、右手は兎、月に例えてこれらが合わさるものと説明しています。

 

このときの解釈は弓構えのときの手の形からなるべく変えないことがあります。弓構えのときに整えた、手の内、執り懸けのときの手首、指の力加減を知ったうえで、これを最後弓を離すまで力の状態を変えないように弓を押し開きます。

 

もしここで、左手の鳥が手首をひねったり、ねじったりすると、両拳、両肘を持って、弓を押し開いていく運動や弓を軽く握って構える動作を左手のみで弓を押し開くことになり、陰陽和合の関係が崩れてしまいます。

 

陰陽和合の弓構えとは、片側の手や肘を持って弓を開くことがないよう。お互いの力を持って弓を押し開くための準備の動作ともいえます。

 

このとき、上半身の力みをとるだけではなく、少し両肩を前方に送るようにすれば、なお、弓構えの形は完成され、理にかなったものになります。

 

肘のところを後ろ外へ、内からわずかにひねる心持ちでひねり伸ばすようにし、両肩は上がらぬようにして、肩甲骨を開いて側方下で前方へ押し下げるように締めるのである。〜高木範士〜

 

このように、弓構えでのあいまいな内容をしっかり理解し、両腕の状態を整え、手の形を変えないことで、体に負担なくスムーズに弓を押し開くことができます。

//

講習会でのお客様の声

お客様の声

メルマガ登録

稽古会案内

書籍案内


HOME 運営者情報 お客様の声 メルマガ登録 コミュニティ案内 お問い合わせ